おじちゃんの言葉

弟の話のついでに、ある出来事を思い出したので書いておこう。

弟がおとなになってからの話。

弟の職場はわが家から、比較的近くにあったので、仕事帰りに、用事があると、ちょっと寄ることがあった。

その日、弟と私はダイニングで、話をしていた。

そこにケントが帰ってきた。

確か高校1年生の時だったと思う。

ケントは機嫌が悪かったのか、ちょっとした私とのやり取りで、何か気に触ったのか、いきなり怒り始めた。

怒るというか、ブチ切れている感じ。

さんざん怒鳴り散らしてから、ふと我に返ったようで、弟の方を向いてこう言った。

「おじちゃん、悪かったな。
せっかく、おふくろとゆっくり話していたのに、おれがぶち壊した」

すると弟は言った。

「ケント、そんなこと、どうでもいいよ。それよりおじちゃんは、ケントが絶対良くなるって信じているからな。必ず、良くなって行くから……」

「おじちゃん、分かったよ。ありがとうな」

すっかり、穏やかになっていた。

その後のケント

その時、ケントはバイトもなかなか見つからず、学校もサボりがち、なんか何もかもうまく行っていない感じで、いつもイライラしていた。

そんな時に、弟はケントの目を真っ直ぐ見つめて、そう言った。

弟は、まさしく、ケントの肯定的な未来を思い描けたのだと思う。

その後、しばらくすると、バイトも見つかり、友だちに誘われて、部活で陸上もやるようになった。

ちなみに初部活だ。

そういうケントを見るのは初めてだったから、私もかなり嬉しかった。

弟が言った通りケントは充実した日々を過ごし、あの時よりずっと良くなっていた。

奇跡を見るような思いだった。

夢中になれるもの

そんなある日、ケントは目をキラキラさせて言った。

「おれ、やっと夢中になれるものが、見つかったよ」

いったい、なんだろう?というわくわく感と、もしかして……という恐れが相まった。

「おれ、バイクの免許を取って、400CCのバイクを買う」

多分、私はかなり複雑な表情をしたと思う。

「あー ついにこの日が来てしまったか……」という思いが強かった。

でも、本人は嬉しくてたまらない感じなので、取り敢えず夢中になれるものができて良かったねという思い。

流石に、「え  っ!バイクだけはやめて」とは言えなかった。

それほど、ケントは舞い上がっている感じだった。

思春期の最大の難関、バイク

そこから、親子共々、バイクとの戦いが始まった (*>_<*)ノ

 

【ご協力して頂くと嬉しいです!】

下記に私のfacebookがありますので、私のコラムをfacebookページにシェアしているので気に入ったらそれに「いいね」をつけて頂きたいと考えています。多くの方に広めたいと願っていますのでよろしくお願いします♪

 

企業用としてfacebookを開設しました!こちらに「いいね」をしていれば情報をすぐに知ることができます。ぜひ「いいね」をして頂けたら幸いです。
こちらからとべます↓↓
堀内祐子のfacebook

 

Twitterもしていますのでこちらもよろしくお願いします♪

堀内祐子のTwitter

 

読者の皆様もライターになれるチャンスがあります!

もし、当サイトで世の中に伝えたい事があります!という方はぜひ当サイトに掲載して執筆をしませんか?

詳細は下記のページから確認をして下さい!

当サイトに執筆するための詳細

 

 

イベントを追加しました。10月に講演をやります!

よかったらご覧下さい☆彡↓↓

イベント

堀内祐子のカウンセリング

ご相談料金

・電話(かけ直しますので、電話代はかかりません)
1時間4000円それ以降30分1000円

・対面
1時間8000円それ以降30分1000円

交通費は別途かかります。

お申込みはこちらでお願いします。
kurasuhinto@gmail.com

講演や研修も賜ります

講演や研修も賜ります。費用は要相談です。