ケントの結婚式

 

とうとうこの日を迎えた。

 

1年前に籍を入れていたが、ようやく結婚式ができた。

 

 

先日「希望は失望に終わらない」と書いた。

 

どんな状況でも希望をもっていいと思う。

 

 

講演のときにいつも敢えて言うようにしているが、ケントは小学校5年生のときにクリニックで「このまま行けば、不登校、家庭内暴力、引きこもり、入院」と言われた子だ。

 

 

「このまま行けば‥‥」

 

 

つまりこのまま行かなかったわけだ。

 

 

クリニックで言われた言葉を鵜呑みにすることなく「あんたたちの思う通りにはならん❗」と勝手に希望をもってやってきた。

 

 

もちろん、そんなこと言われりゃショックだ。

 

言われてもしょうがない状況だった。

 

でも、私はクリスチャン

 

日常的に希望はもっている。

 

なんたって「信仰、希望、愛」なわけ

 

根拠なんかなくたって希望をもつ。

 

 

 

 

 

 

 

多くの方に支えられて

 

ケントも嫁ちゃんもみんなから愛されてるなぁっていうことがよく分かる結婚式だった。

 

ケントは小学校4年生で東京都町田市に引っ越してきた。

 

 

元々ケントは町田で生まれたので、戻ってきたってこと。

 

 

そのときからの友だちも多い。

 

 

親の知らないところで、

 

親の力が及ばないところで、

 

くさんの方に助けて頂き、支えられ、
愛されてここまでやってきたんだなぁとしみじみ思った。

 

ただ、ただ感謝 m(__)m

 

 

ユーレイズミーアップが流れる中、ケントと固い握手をして披露宴を終えた。

 

 

たくましく、エネルギッシュ、スーパーポジティブ

 

そして

 

優しく、愛の深いおとなに成長したケント

 

すばらしいおとなになった💗

 

最後まで親バカですが(#^.^#)

 

このように、いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。このうちで最も大いなるものは、愛である。〈Iコリント13:13〉