わたしは案外、変化に強いんだと思う。

 

 

最初の本を出版したのは10年前のこと。

 

 

初めて本を書くわたしに、社長(編集者)は容赦しなかった。

 

 

もう、一生懸命書いた原稿を「こんなものいらない」とあっさり言われる。

 

 

「この、内容はどうしても伝えたいんだけどなぁ」と心の中でつぶやいたが、社長は「絶対にいらん!!」と自信満々(何が自信満々なんだか分からんが)

 

 

ところがだ。

 

 

次に打ち合わせに行ってみると、ちゃっかりその原稿は採用されている。

 

 

そこで、わたしは「社長、あの原稿は絶対にいらない!!とおっしゃいましたよね」とは絶対に言わない。

 

 

きっと、よーく読んだら良い原稿だと思ったから、入れたわけだ。

 

 

そんなこと突っ込む必要はない。

 

 

だって、目的はより良い本を作ること。

 

 

それだけだもの。

 

 

他にも、社長は冒頭で言っていたことが、最後の方で180度変わることはしょっちゅう。

 

 

とにかく最後に言っていたことが、今現在の社長の考えなわけ。

 

 

それを、「あれっ?最初に言っていたことと全然違いますよね」なんていちいち言ってられない。

 

 

くどいようだけど、より良いものを作るために、頭は絶えず回転している。

 

 

話は逸れるけど、社長はよく「偉そうなこと書くな!!」と言っていた。

 

 

もちろん、偉そうになんか書いていない。

 

 

しかし、社長は、「著者がちょっとでも偉そうに上から書くと読者は直ぐにそれを見抜いてそっぽを向く。
だから絶対に偉そうにするな」とわたしを絶えず戒めてくれた。

 

 

「くどくど説明するな。

 

読者は自分の頭で考える力がある。

 

だから書き過ぎるな。

 

読者を信じろ!」

 

 

ずっとずっと、わたしは書き続けているが、10年前に社長から教えてもらったことは決して忘れない。

 

 

良いものを作るために妥協しない人だった。

 

 

コロコロ変わる社長のスピードに、わたしがついて行けなかったら本は出来上がっていなかっただろう。

 

 

目まぐるしく変わることをわたしはそのまま受け入れることができた。

 

 

分かっていた。

 

 

社長が読者に最高のものを提供したいって強く思っていたことを‥

 

 

こうして毎日、せっせと文章を書いているわたしを社長は天国から応援してくれていると思っている。

 

 

「いいか、絶対に偉そうに書くな❣️」

 

 

 

メルマガはこちら
⬇︎

https://mail.os7.biz/add/xEpI

 

 

 

ADHDと自閉症スペクトラムの自分がみつけた未来~親子でふり返った誕生から就職まで~

 

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと

 

発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ