昨日は、不思議だった。

 

 

朝、いきなり電子書籍って浮かんだ。

 

 

以前から、夫が電子書籍にしたら良いと言っていた。

 

 

電子書籍は比較的、安く売る。

 

 

だから、みんなが読みやすいということがある。

 

 

なんとなく、心の隅っこにずっとあった電子書籍。

 

 

ところがだ、いきなりキラリンってまた舞い降りてきた。

 

 

そんな折、アメリカに住む友人が、こんなメッセージを送ってきた。

 

 

「‥‥やっぱり祐子さんのメッセージは手を加えずにそのまま本にするべきです。

 

 

さらっと読めて、すっきりと心に入ってくる、実に不思議な文章力です。文才です。

 

 

私はそっちの方を本当にお勧めします。きっとタイミングが来たらそうなります。

 

 

私も再度読んでみたいものとかあります。

 

 

是非続けてください。

 

 

忙しくても必ず振り返ってまとめて読んだりしたくなるものです。

 

 

実はいいのがいっぱい入ってくるけどあまり読もうとしません。

 

 

でも祐子さんのは後からでも読もうとします」

 

 

ふーん、そうなのか‥‥

 

 

そして、約束していた友だちの家に行った。

 

 

話は飛ぶがわたしは靴づれで足が痛かった。

 

 

お気に入りのサンダルをジャスミン(=^x^=)にかじられ、もう一つのサンダルも突然壊れた。

 

 

それで新しく買ったサンダルで歩いたら靴づれができたわけだ。

 

 

友だちにバンドエイドをもらった。

 

 

そのやり取りを聞いていたもう一人の友だちが、車だから送ると言ってくれた。

 

 

家は随分と離れているのに‥

 

 

それで、おしゃべりしているときに、朝、浮かんだ電子書籍の話をしたら、知り合いに電子書籍で成功した人がいて、今は電子書籍を出したい人のサポートの仕事をしていると教えてくれて、さっそくつなげてくれた。

 

 

その方とは共通点が多く、そして似たような思いを抱いていることが分かった。

 

 

ラインでやり取りしただけでまだ、会ってもいないし、電話で話しもしていないのにすでにお互いワクワクが止まらない。

 

 

 

ジャスミンがサンダルをかじらなければ‥

 

 

靴づれができていなかったら‥

 

 

友だちが送ると言わなかったら‥

 

 

 

その方にたどり着けなかった。

 

 

偶然なんかじゃない。

 

 

 

さぁ これからまたおもしろいことが始まる❣️