学校に行かなくても

 

うちの子たちはあまり学校は好きではなかった。

 

つまり、不登校だったり、不登校気味だったりした。

 

ケントなどは「めんどくせー」と言って学校にあまり行かなかった。

 

ところがバイトを含め、仕事はちゃんとやっている。

 

 

でも、多くの方は学校にもちゃんと行けなくて、どうやって働けるのだろうかと心配する。

 

ましてや、発達障害があれば、手先が不器用だったり、睡眠障害があって、朝起きれなかったり、人の目を見て話せなかったり、衝動が強く、早とちりだったり‥‥

 

もう、キリがないくらいマイナス要素が思い浮かぶ。

 

私も、この子は将来どうするのだろうか?と思ったりした。

 

先のことは分からないものね。

 

 

子どもはたくましい

 

 

 

 

 

 

 

だけどねぇ

 

子どもたちはたくましい。

 

 

ケータイのお金を払うために働く。

 

車を買うために働く。

 

ライブに行くために働く。

 

家族を養うために働く。

 

目的があれば、ちゃんと働く。

 

 

昨日のリタリコさんの就労支援のようなものがあれば、親はすごーく心強い。

 

 

お世話になりたかったなぁと思うけど、子どもたちは自分でさっさと働き出した。

 

就活も苦労しながらもやり通した。

 

 

繰り返すけど、あんまり学校に行かなかったのに
ちゃんと働いている。

 

 

働いて、お金を得るってすてきなことだって

 

労働で、人の役に立つって嬉しいことだって

 

そのお金で自分や家族が幸せに暮らせるって

 

そういうおとなの姿を子どもはちゃんと見ている気がする。

 

だいたい、学校に行かなくても平気でいるような子はたくましいよ。

 

社会の中では強みを発揮する。

 

何が言いたいかって、

 

子どもの将来を心配するより、

 

私が楽しく働くこと。

 

私が生活を楽しむこと。

 

私が人の役に立つことで幸せでいること。

 

 

その姿を見てもらおうと思う(*☻-☻*)