父の言葉

私がまだ子どもだった頃、母は病弱だった。

と言うか、母は幼い時から、病気ばかりだった。

かなり大きな病気も何回かした。

今はペースメーカーのお世話になっている。

 

そんな訳で、よく病気になった。

すると父は決まって「おまえは健康管理ができていないから、風邪なんか引くんだ」と怒っていた。

幼心に病気なのに、いたわるんじゃなく、怒るってひどいと思っていた。

そして、父が風邪を引くと「おまえが俺の健康を管理しないから、俺が風邪を引くんだ」とまた怒った。

どっちみち、全て母が悪いことになった。

そういう父を見ながら、私は育った。

 

夫の言葉

images-19

 

 

 

 

 

 

そして、私は結婚した。

私は母と違って、比較的健康だったが、それでも風邪を引いたり、お腹が痛かったり、そういうことは度々あった。

夫は仕事に忙しくあまり家にいないが、私が具合が悪いと、仕事を休んでくれたり、食事の支度をして、遅れて出勤したりした。

もちろん「おまえの健康管理が悪い」などということは、ただの一度も言わなかった。

 

子どもが事故にあっても、私に「一人で大変だったね」と言ってくれる。

「なんで、ちゃんと見ていないんだ」と言われたことはない。

夫は本当に優しい人なのだと思う。

結婚して30年が経つのに、そういう辛い時にかけてくれる言葉はいつも優しい。

もちろん、私が元気な時は気を引きたいのか「はぁーっ?」ってなるようなことは言うのだけど……

そういう夫の気質は子どもたちに受け継がれている。

ケントは夫と同じで、私が元気なら「ババー コラッ」とか言うけど、元気がないと相談に乗ってくれたり、優しくしてくれる。

 

これだけ夫を褒めてるが、私はどうかと言うと、しょっちゅう風邪を引く次男に「また、窓開けて寝たでしょ」とか「テストなのに大丈夫?」とか、けっこうきつい発言をする。

優しくないなぁって自分で思う。

 

次男が言った大好きな言葉を思い出した。

 

「自分に甘く、人に親切に、大切なのは優しさです」

 

※気に入った記事がありましたら、シェアをお願い致します。
シェアではなく転載の場合、あるいは一部引用であっても引用元である「ぎふてっど.com」の記載をお願い致します。

 

☆お知らせ☆

管理・運営を担当しています。井部です。

今回、講演の中で「学校の方へ訪問してほしい」「少人数で堀内さんとディスカッションをするような形でお話しをしたい」「マンツーマンでお話しをしたい」といったご要望を頂きました。現在、堀内とは今後どのような形で皆様に支援できるか共に検討をしています。

もしよろしければご要望をお聞きたいと考えています。「このような形でのサービスがあれば参加したい!」というような意見がありましたら下記のアドレスにご連絡を頂けたら幸いです。

お待ちしております。

 

rise.flat.6961@gmail.com

井部昇平