次男の担任

今月も来月も学校の先生への講演がある。

とっても楽しみにしている。

以前、学校の指導主事さんへの講演をした時に、「教師に対して、してほしいことや、して欲しかったこと、嫌だったことをぜひ、お話して下さい」と言われた。

私は「して頂いて良かったことがいっぱいあるんです」と言うと、「ではそれをお願いします」ということになった。

なんせ、4人の子どもたちが、それぞれ幼稚園から高校、大学まで色々な先生にお世話になってきたわけだから、お話したいことはたくさんある。

この間は長男の「世界一好きな先生」について書いたので、今日は次男の中学校の時の先生について書こうと思う。

私は子どもたちが入学とか、学年が変わって、先生も変わるときに、早目に校長先生にお会いして、「息子は発達障害がありますので、対応できる先生をお願い致します」とお願いに上がる。

その時も、お願いをしに行った。

すると、次男の担任の先生は昨年まで特別支援学校にいらした方だった。

普通級は初めてだとおっしゃっていた。

若い、女の先生だった。

学校が始まる前に、次男についてあらためて、担任の先生にお話に上がった。

親ばかだから、一番に次男の良いところを話しそれから今までの次男の様子をお話した。

そして、次男の中学校生活は始まった。

ある日、学校から帰ってきた次男が言った。

「一人になれる部屋があるんだ」

次男は自分が何を言われてもあまり気にならないようだが、周りの人がひどいことを言われているとたまらないようで、固まってしまう。

そういう時に先生は一人になれる部屋に行くように言って下さるらしい。

その部屋はカウンセリングルームで、ほとんど開いている。

そこで、時には先生が次男の話を聞いて下さるようだ。

そのことは次男にとって、とても良いみたいで、嬉しそうに話してくれた。

今は当たり前のことだと思うが、10年近く前のことだ。

保護者から言われたわけでもないのに、そういう配慮をして下さっていた。

次男への扱い

そして、落ち着いてから次男の話や気持ちを聞いて下さった。

本当にありがたいことだった。

そして、何よりもすばらしいと思ったことは、先生が次男の良いところをたくさん知って下さっていて、いつも肯定的に見て下さったこと。

先生のその思いはクラスに大きな影響を与えたと思う。

かなり変わったところがある次男だがクラスメイトから愛されていた。

ちょっと間違えば変わり者としていじめのターゲットになっていたと思う。

先生はよく「堀内君は優しくて、近くにいるだけで癒やされます」とおっしゃって下さっていた。

これは先生にお会いして、私が次男について一番にお伝えしたことだった。

先生が生徒を肯定的にみるということは、大きな影響力がある。

逆もまた、然りである。

次男は本当に良い先生に恵まれた(*^^)v