ケントからのメッセージ

 

「ケント君は学校に行って良かったと思うことは何ですか?」

 

「九九を覚えたことかな?

他にはないな」

 

「何か私たち(先生)に伝えたいことはありますか?」

 

「おれにはそういう経験はないんだけどさ。
先生の一言で、その子の人生が変わるようなことがあると思う。
それは良い意味でも、悪い意味でもね。
先生って、そういう仕事だってこと、覚えていてほしいな」

 

 

悲しい経験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に残念なことだが、小、中学校、高校の12年間の中で私は先生の言葉で励まされたり、自信をもったり、嬉しかった記憶が皆無だ。

 

 

その逆に自信を失わせるようなことを言われたり、皆の前でバカにされたり、恥をかかされた経験は何度かある。

 

私は、やたら不器用だったからできないことも多かったので、そうだったのだと思う。

 

先生からバカにされて、私は人前で決して一人で歌わなくなった。

 

まじめだったから、音楽の時間に皆で歌うことはしたけれど‥

 

おとなになって、クリスチャンになって、教会で賛美歌を歌うようになって、やっと一人でも賛美歌を口ずさむようになった。

 

15年間も私は歌うことが、嫌いだったし、できなかったのは、学校で先生から皆の前で恥をかかされたためだった。

 

私は音痴なんだ‥‥

 

だけど、おとなになって歌ってみると、決して上手じゃないが、そんなに音が外れているわけではない。

 

歌ってみたら楽しかった。

 

 

でもね。

 

子どもだからさ。

 

先生からそういうこと言われたりすると、ズーンと心に入るんだよね。

 

先生は、私が人前で歌えなくなってしまったことなど知らない。

 

もちろん、そんなこと気にしないって選択もあるのだけど、子どもにとって、おとなである先生の口から出る言葉の影響って大きい。

 

 

もし、先生がこれを読んでくださっていたのなら、しっかり心に刻んで頂けたら嬉しい。

 

あなたの一言で子どもの人生が変わることがある。

 

それは、良い方に変わる可能性も十分にあるってこと。

 

ステキなお仕事なのですƪ(˘⌣˘)ʃ

 

ケントの言葉、もう一度書くね。

 

「おれにはそういう経験はないんだけどさ。
先生の一言で、その子の人生が変わるようなことがあると思う。
それは良い意味でも、悪い意味でもね。
先生って、そういう仕事だってこと、覚えていてほしいな」