「お母さま、体調が良くありません」

 

 

そう言ってから次男はほぼ10日近く寝ていた。

 

 

細菌の感染症ではないかとドクターに言われたらしい。

 

 

過度のストレスは免疫力を下げる。

 

 

免疫力が下がると、感染しやすくなる。

 

 

次男が遭遇した出来事は、壮絶で心身に大きな負担をかけたのだと思う。

 

 

私はむしろ次男がゆっくりしていることを良いことだと思っていた。

 

 

疲れたら休む。

 

 

しんどかったら休養する。

 

 

できれば、無理はしない方が良い。

 

 

それでも、多くの人は無理をするから、賢い身体は病気になって、「ちょっとお休みしてくださいね」ということになる。

 

 

次男だって、具合が悪くなければ、そんなに休むこともなく普通の生活を続けたに違いない。

 

 

私はありがたいことに、体調を崩すことは滅多にない。

 

 

引っ越し後にめまいを起こし、寝ていたのはほんとに久しぶりのことだった。

 

 

常日頃からフリーランスなので、ゆっくりする時間はかなりある。

 

 

だいたい、自宅でできる仕事も多い。

 

 

さすがに講演は出かけて行くが、1ヶ月に何回かだ。

 

 

カウンセリングも電話で受ける方が多い。

 

 

家にいる時間はけっこう多い。

 

 

昨日も友だちとおしゃべりしながらパステル画を2枚仕上げた。

 

 

まぁ わたしは還暦も過ぎてるし、こんなペースでやっている。

 

 

好きなことをする時間が十分に確保されている。

 

 

昨日のブログに書いた中学生が、言ってた「ジャニーズがあったから、なんとか頑張れた」

 

 

だけど、その楽しみな時間を宿題が奪って行く。

 

 

あのあと、たくさんの方の経験が送られてきた。

 

 

こんなにもたくさんの親子が学校のこと、宿題のことで苦しんでいる。

 

 

かなり詳しく書いてくださるかたもいらっしゃって、読んでいて辛くなる。

 

 

話を元に戻そう。

 

 

過度のストレスは免疫力を下げます。

 

 

ウイルスや細菌に感染しやすくなります。

 

 

しんどかったら休もう。

 

 

そして、好きなこと、楽しいことをしてリフレッシュしよう。

 

 

特にいま、必要なことだと思う。

 

 

 

堀内祐子の書籍

発達障害なんてただのオプション: 人生、思いどおりにいかねえからおもしれえ!

ADHDと自閉症スペクトラムの自分がみつけた未来~親子でふり返った誕生から就職まで~

 

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと

 

発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ