一枚の写真

講演の朝だって言うのに、そう言うこととはおかまいなくトラブルは起きる。

 

とんでもない時間に起こされると、その後なかなか眠れない。

 

オイルをつけまくりなんとか眠ったものの、あっという間に起きる時間。

 

特急の指定席のチケットが送られてきたので、それに乗らなくてはならなかった。

 

なので、朝食も取れないまま忙しく出かけた。

 

どんより、電車に乗っていると次男から珍しくラインが来た。

 

だいたい次男からのラインは美しい風景写真かニャン(=^x^=)の写真が多い。

 

今日は風景写真だった。

 

出かけたときにきれいだったので撮ったのだそうだ。

 

「これを見て、元気を出して下さい」と書かれていた。

 

 

癒しの力

 

 

 

 

 

 

 

 

元気で講演してきて下さいという、次男からのエールだった。

 

なんだか胸がいっぱいになった。

 

いつも、周りの人の気持ちを感じる次男。

 

朝、私がバタバタしながらも、元気がないと思ったのだろう。

 

そういう次男の心使いにどれほど励まされてきただろう。

 

 

以前、激烈に悲しいことがあったときに、次男は私を食事に誘い、ステキな物語を話してくれた。

 

次男の声には、癒しの力がある。

 

そして、その物語にもどんどん引き込まれて行った。

 

物語が終わったら、現実が目の前にあったのだけど、全力で励ましてもらってるのが分かって、確かに私の心の重荷は少し軽くなった。

 

前を向こうと思えた。

 

 

次男はそういうとき、いつも全力だ。

 

講演のときも「全力で応えます」と力強く言う。

 

だから、そこにいらっしゃる方は癒される。

 

元気が出る。

 

先日、ある方がおっしゃった。

 

次男の講演を聞かれた娘さんが「なぜか分からないけど、涙がとまらなかった」とおっしゃっていたそうだ。

 

近くに居て、次男にはそういう力が、どこからかきていると感じる。

 

 

今年、最後の次男との講演、よろしければお出かけ下さいm(__)m