母に感謝する日

誕生日は母に感謝する日だと思っている。

 

母は誕生日には必ず電話をくれて「おめでとう」を言ってくれていた。

 

でもこのところ、高齢のためか記憶があいまいになることが多いし、忘れてしまうことも多くなって、誕生日に電話は来なくなった。

 

なので、自分から電話をして「ありがとう」を伝える。

 

母は、忘れてしまったことを「ごめんね」と言いながらも、久々に私と話すことが嬉しかったようで、楽しそうに色々話していた。

 

 

私は、父がケントの結婚の報告を聞いて怒ったと聞いてから、実家には行っていない。

 

先日の母の誕生日に母とお店で食事はしたけれど、父には会っていない。

 

そして、電話もたまーにしかかけない。

 

だから、母は寂しかったのだと思う。

 

めずらしくたくさん話して「お母さん、元気だから」と本当に元気そうな張りのある声で言った。

 

「お母さんが元気で幸せでいてくれたら、それが一番嬉しいことだから」と伝えた。

 

母は電話を切る直前に「あー、楽しかった!」と言った。

 

そのとき、なんとも言えない思いがこみ上げて来た。

 

母は何も悪くない。

 

いつも、父が子どもや孫たちを傷つけることを言って、みんな悲しい思いや悔しい思いをする。

 

ずっと父は変わらない。

 

そのかたわらで、母は悲しい思いをしている子どもや孫たちを見ながらも、父と寄り添い続けている。

 

 

楽しかった!

 

 

 

 

 

 

 

悲しい思いはしたくない。

 

怒られるのも嫌だ。

 

段々に足は遠のく。

 

母は寂しい。

 

どうすりゃいいんだと思いながらも、距離はどんどんあく。

 

そんなときの母の「あー、楽しかった!」だった。

 

 

泣きそうになる。

 

母を悲しませたくないのに‥‥

 

もっと会いたいのに‥‥

 

87歳

 

あと、何回会えるのかな?

 

何回話せるのかな?

 

色んな思いが心を巡る。

 

涙が出る前に電話を切った(−_−;)