温故知新とは?

今日は大学のスクーリングでゲストスピーカーを務める。

出かける前に、次男に「何か私に言いたいことはありますか?」と聞いてみた。

すると、逆に次男から聞かれた。

「温故知新という言葉をどのように捉えていますか?」

「昔のことから学べって感じかな?」

「私はこの言葉を原点に帰れというふうに捉えています。昔から大切なことは変わらないのです。

何かをやっていて、時々何のためにやっているのか見失うことがあります。

そういうときに原点に戻るのです。

ロケットは下から上に向かいます。

でも、私たちは上に向かって進んでいるつもりが、右に行ったり、左に行ったりということがあります。

原点に戻れば、自分が上に向かっていたと思い出します。

そして、下にいたら上がどこにあるのか分かります。

ですからお母様時々、原点に戻って下さい」

私の原点とは?

私の原点ってなんだろう。

発達障害のお子さんをおもちのお母さんたちのお役に立ちたいと、
本を書いた。

講演をするようになった。

資格を取った。

発達障害が ハッピー サポートを立ち上げた。

だけど、私の原点は4人の子どものお母さん。

私にとって、子どもたちが大事。

子どもたちと話しているときが楽しい。

うちの子どもたちは、通級指導教室には通っていたけど、療育とか、ソーシャルスキルトレーニングに通うことはなかった。

ただ親子でいっぱい話した。

それは今も変わっていない。

相談にもよく、のってもらう。

アメブロにも書いたけど、毎日よく話す。

ちなみに昨日は次男に相談にのってもらい、今日は別のことで、長男に相談にのってもらった。

二人共、親身になってくれる。

本当にありがたい。

私の原点はこの子たちのお母さん。

だから、これからもお母さんという立場で動いて行こうε≡≡ヽ(^o^)丿