三男に・・・

1週間前に「ワンにゃん家族」という記事の中で三男に「選挙に行ったら?」と言ったら「黙れ!」と言われたことを書いた。
その後のことを書いてみようと思う。
イライラしている時になんか言っても逆効果なので、その日は放っておいた。
翌日、機嫌の良いときにその事について話した。
「イライラしている時は、『ごめんね。今は黙っていて』ってお願いしてくれるかな?
そう言われた時はママも黙るようにするから」
「イライラしているの、分かるんだったら黙っていてほしいんだ」
「ママだって、『黙れ!』って言われたら、すごく嫌だから、『黙っていて』ってお願いしてほしいの。それがコミュニケーションでしょ。そう言われたら、黙ってそれ以上言わないって約束する」
「分かった。そうするよ」
そんなふうに穏やかに話は終わった。

その後三男は私がダイニングで音楽をかけているときに、静かに「ママの音楽、止めてくれるかな?」と言ったので「分かった」と言って直ぐに止めた。
すると三男は「ありがとう」と言ってスマホでYouTubeを見始めた。
ちなみに三男はいつもは「お袋」と言うが、機嫌が良いときやお願い事があるときは「ママ」と言う。
なかなか分かりやすい。
夕べも三男と話していた。

「友だちが、おれとお袋は顔も性格もそっくりだって言うんだよね」
「え~っ! 性格そっくりかな~?だいたい彼はママの性格分かってるの?」
「うん。あいつが言ったこと全部当たっていて、おれなんにも言えなかった」
「へー そうなんだ」
ここで、三男はからっとつに「おれ、お袋のこと、愛してるからさー」と言ったので私も「ママも愛しているから同じ気持ちだね」と言って、それで話は終わった。
私は家事をしながら、話していたので、気に止まらなかったけど、後で思い出したら、三男は私を「愛している」って言ったよなーって気付いた。

それでも三男は

時々書いてるけど、三男はイライラしていなければ、優しくて、素直な子だ。
ADHD ゆえの衝動、不注意は多々あるけど、三男はけっこう良いやつだ。
夫は三男のことをよく誉める。
「おれはあいつのことを誇りに思っているよ」と言う。
バイトをコロコロ変えているときも次のバイトを直ぐに見つける三男の行動力を誉めていた。
高校を勝手にやめて、「働く」と言った時も「自分のやりたい仕事を見つけて、やって行くお前を誇りに思う。おれはお前を応援する。頑張れ」と夫は言った。
その後の三男の紆余曲折は激しかったけど、夫は終始一貫して、三男を肯定的に見ていた。
三男はその信頼に応えようとしていたように感じる。
「親父の信頼に応えたい」
その思いが、三男を成長させてきた。

夫の両親は夫を信頼して育ててきたことを私はよく感じてきた。
良いDNA の受け継ぎだ。
先祖からの良いDNA は受け継ぎ、悪いDNA は断ち切る。
これは、とても大切なこと。
子どもたちにも良いもののみを受け継いでもらいたい(^_^)/□☆□\(^_^)

☆お知らせ
この度、発達障害のお子さまの子育てや不登校のことなどのご質問にできるだけお答えしようと新しいコーナーを作ることに致しました。
ご質問は公開になりますので、年齢、性別、障がいの有無を記載して頂きますが、固有名詞はお使いにならないようにお願い致します。
ご質問はコラムのページ上の「関連コラム」と「新着コラム」の下にあるコメント欄にお願い致します。その際に、最初のところに「質問」と書いて下さい。
なお、同じようなご質問には、まとめて答えさせて頂く場合がございます。
また、全てのご質問に答えることができないかもしれませんので、ご容赦下さい。