わたしは、毎週表参道のあるところに通っている。

 

 

毎週行っているのに、そこを出たら毎回右に歩いて行く。

 

 

駅は左に行かないといけないのに、ぼーっとしているから必ず右に行く。

 

 

しばらく歩いて景色が違うなと思って引き返す。

 

 

それを毎週やっているわけで、ちょっと自分でもあきれる。

 

 

それを友だちに話した。

 

 

そしたら彼女はこんなことを言った。

 

 

「右に行きたくなったら、その逆に行ってみたらどうかしら?
自然に足が向く、その逆に行ってみる」

 

 

「なるほどね、やってみる」

 

 

そして、次に行ったとき、やっぱり右に行きたくなったその瞬間、彼女の言葉を思い出して、左に行ってみた。

 

 

駅に行くことができた。

 

 

めでたし、めでたし

 

 

しかし、その後、毎回「右に行きたいから左ね」って言って左に行く。

 

 

つまり、相変わらず自然に左には行けない。

 

 

なんでそうなのか、自分でも分からない。

 

 

脳のクセってあって、それはなかなか治らないけど、「わたしにはこういうところがあるな」って意識するだけでもけっこう違うらしい。

 

 

だから、一歩進んで、「こういうところをこんなふうにしたいな」って思い、願うことによってそっちに近づける気がする。

 

 

「わたしってこんなふうだから、しょうがないの」って思っていたら、そこにとどまる。

 

 

ところで、今日は生まれて初めて、夜行バスに乗る。

 

 

こんな歳になって今更夜行バスかって思うけど、何事も経験。

 

 

トライしてみる。

 

 

ちっちゃいことだけど、初めてのことはワクワクする。

 

 

そして、初めての秋田❣️

 

 

秋田近辺の皆さま、よろしければ9日土曜日、わたしに会いに来てくださいね😋

 

 

きっと、心が軽くなって元気が更に出ます。

 

 

お待ちしています(o^^o)

 

 

 

★ゆるみ子育て☆堀内祐子のメルマガ(無料)

メルマガでは、かなり不思議なわたしの子ども時代について書いています。

よろしければ、ぜひご登録くださいね。

■ 登録用URL

https://mail.os7.biz/add/xEpI

 

 

 

堀内祐子の書籍

ADHDと自閉症スペクトラムの自分がみつけた未来~親子でふり返った誕生から就職まで~

 

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと

 

発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ