沖縄から帰って、やっと日常を取り戻した。

 

 

たくさん、洗濯して、掃除して‥

 

 

そして久しぶりに、ご飯を食べながら次男の話を聴いた。

 

 

わたしのお気に入りのネックレスの話になったら、次男がこんなことを言った。

 

 

「装飾品を身に付けることは良いことだと思います。
それは向上心と繋がっている気がするんです。
自分の好きなものを身に付けたいと頑張ったり、
それを身に付けて、人に良く見られたいとかそういうより良くなりたいという思いは向上心であって、わたしは向上心って良いものだなぁって思うんです。
ただ、分不相応なものを身に付けるとか、それが中心になってしまうと歪みが出ますから、そうならないように気をつける必要はありますが、
お母さまが気に入った装飾品を身に付けて幸せなのはとても良いと思います」

 

 

実は孫ちゃんがやってきたとき、わたしのお気に入りのネックレスがいっときお隠れになった。

 

 

結局、おもちゃ箱から発見されたのだけど、とても気に入っていたので、見つからない間はどんよりしていた。

 

 

見つかって、ほんとに嬉しかった。

 

 

キラキラした美しいものを身に付けているだけで、わたしは幸せになる。

 

 

それが、向上心と繋がっているかと言うと、いまいち分からないけど、装飾品に限らず、きれいな色のおサイフとか履きやすい靴を見つけたりとかそういうことで、すっごく幸せなる。

 

 

そういうお気に入りのものを身に付けたり、見るだけでテンションが上がる。

 

 

わたしだって、嫌なことも、がっかりすることも悲しいこともあるけれど、それでもそういうことで、あっという間に幸せになる。

 

 

ほんとに単純❣️

 

 

話は向上心に戻るが、向上心って上を見る心って書く。

 

 

何があっても、下を向くんじゃなくて、上を見たら心は軽くなる。

 

 

いつも、お気に入りのものに囲まれて、空を仰いでいたら、それだけでけっこうハッピーでいられるんじゃないかなƪ(˘⌣˘)ʃ

 

 

 

■ ゆるみ子育て☆堀内祐子のメルマガ

https://mail.os7.biz/add/xEpI

 

 

 

ADHDと自閉症スペクトラムの自分がみつけた未来~親子でふり返った誕生から就職まで~

 

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと

 

発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ