向き合えないけど

 

友人と話していた。

 

そのとき、彼女が言った。

 

「辛いことがあったとき、向き合うんじゃなくて、味わうことにした。
向き合うのは結構辛い。
だけど、そのときに感じた悲しみとか、悔しさとかそういうことを一つ一つ味わう」

 

なんだかその言葉が心に深く残った。

 

だいたい、悲しみとか苦しさを真っ直ぐに受け止めることは辛い。

 

フタをする方が楽だったりする。

 

忙しさに紛れて、フタをすることはそんなに難しいことじゃない。

 

それに、そんなものとしっかり向き合っていると、何もできなくなったりする。

 

 

だけどね。

 

フタをしてしまうとその中がどうなっているのか分からなくなる。

 

フタを開けないと、中身は見えない。

 

少々のことはフタをしていても、元々大したことはないのだから、知らない間に忘れてしまったりする。

 

それで良いと思う。

 

 

悲しい

 

 

 

 

 

 

 

フタをしても中がグズグズで膿が出ているのが分かるくらいのとき。

 

そんなときにフタはできない。

 

私は辛い❗

 

私は苦しい❗

 

私は悔しい❗

 

私は悲しい❗

 

その気持ちを味わう。

 

誰にもぶつけようのない悲しみ。

 

ちゃんと味わってからでないと前に進めない気がする。

 

私は悲しい

 

私は悲しい

 

わたしは悲しい

 

神さまは良きことに変わると言うけれど、

 

悲しいものは悲しい。

 

向き合えないけど、味わう。

 

この現世は色々な経験をする場所。

 

苦しい経験が多いほど、人の気持ちに寄り添うことができる。

 

だけど

 

悲しいよ〜(´;ω;`)

 

 

わたしの心ははがねじゃない❗