温かいココア

 

次男との講演旅行はいつも楽しい。

 

今は福岡、今晩、宮崎に移動する。

 

講演、前日私はその辺の観光に出かけ、次男と別行動だった。

 

住吉神社の赤い鳥居など観て、ご機嫌でホテルに戻ろうとした。

 

次男はとっくにホテルに戻っている。

 

その日はやたら寒かった。

 

次男はココアが大好き。

 

私は温かいココアを次男のために買って行くことにした。

 

コンビニに入ったがコーヒーばかりでココアはない。

 

がっかりして歩いているとホテルの前に自動販売機があって、なんと温かいココアがあった。

 

ちなみに80円❗

 

喜び勇んでココアを2本買った。

 

次男の喜ぶ顔を想像しながら、次男の部屋をノックした。

 

出てきた次男の目の前にココアを差し出した。

 

いつもならものすご〜く喜んでくれるのに、そのときはちょっと困った顔をした。

 

えっ!!

 

なんで?

 

 

次男は決まり悪そうに言った。

 

 

「お母さま、このホテルはおいしいココアが無料で飲めるのです」

 

 

申し訳なさそうに
「お母さまにそのことをお伝えするべきでした」と言って飲んだばかりなのに、私が買ってきた缶ココアを飲み干した。

 

 

大切にされる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は子どもが喜ぶとことをするのが好きだ。

 

 

小さいことが多いのだけど‥‥

 

 

喜んでもらおうという私の思いは伝わると信じている。

 

朝から晩まで休むことなく働く三男が気持ちよく眠れるように、できるだけ晴れの日は布団を干す。

 

掃除をし、きれいに部屋を整える。

 

「布団、干しておいたよ」と声をかけると三男は「いつもありがとうね。気持ち良いよ」と答えてくれる。

 

 

台湾に行ったときは長男の大好きなラブラドライト(天然石)のペンダントを買った。

 

 

控えめに喜んでくれたけど、ラインのやり取りで、実は結構気に入ってくれているのが分かった。

 

 

ブルーラブラドライト、本当に美しかった。

 

 

ケントによく似合うはずだ。

 

 

その子が喜ぶことをする。

 

 

きっと大切にされている。

 

 

愛されていると感じる。

 

 

多分、そういう毎日の繰り返しが子どもの心に積もって行く。

 

 

大切にされて育ったら、周りの人を大切にする。

 

 

人が喜ぶことをする。

 

 

その喜ぶ顔を見て幸せになる。

 

 

そういう温かい循環💕

 

 

心が満たされる(((o(*゚▽゚*)o)))♡