出せば、入ってくる

私は子どもを4人育てたが、ベビー服は不要になったところで、思い出の1枚か2枚だけとっておいて、全て誰かにあげてしまう。

 

次の子どもが生まれると、誰かしらが、お古を譲ってくださる。

 

ちなみに長女は神奈川、長男は東京、次男は京都、三男は広島で生まれている。

 

なので、差し上げた方から戻ってくることはない。

 

それでも、毎回、必要なものは回ってくる。

 

 

夫は「『金は天下の周りもの』だから、出さなきゃ回ってこない」とよく言っていた。

 

洋服や不要な物はバンバン断捨離できるのに、お金に関しては、節約って言う考えもあり、夫が言うことは分かるが、出すことに抵抗があった。

 

でも、去年くらいから、お金のブロックが外れ「出て行くものは出て行くのよ」と、ちょっと開き直ったような気持ちになった。

 

それから、出て行くお金が気にならなくなった。

 

気付いたら、出て行った分、お金が入ってくるようになった。

 

これは、けっこう不思議だった。

 

残念ながら、お金のブロックが外れても、出て行くものは出て行く。

 

出て行っても、入ってくる。

 

私にとって、嬉しかったのが「出て行くお金があっても気にならなくなった」ってこと。

 

心がちくりとしなくなった。

 

出て行くお金に対して「行ってらっしゃーい」っていう、とらえ方ができるようになった。

 

「行ってらっしゃーい」の次は「お帰りなさーい」なわけだ。

 

あんまり執着しなくなったので、給料日を忘れてしまうことも多々。

 

 

循環

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、循環しているだけな気がする。

 

お金も物も知識も情報も……

 

必要とするところに入ってくる。

 

容量があるから、不要なものはゴミ箱に入れたり、放出すれば、空きができて、そこに必要なものが入ってくる。

 

いろんなものにしがみつかなくていいんだなって思う。

 

 

私がお気に入りの食器を割って、がっかりしていても「形あるものは、いつか壊れるんだよ」と言っていた夫。

 

多分、そういう執着しない夫のおかげもあって、私は段々に楽になってきた気がする。

 

 

執着しない生き方は楽ちんだね(^_-)-☆

 

 

 

子育てがハッピーになるヒント