文鎮化

長崎、佐賀、大阪、広島

 

講演とちょっぴり旅行を兼ねて次男と回って来た。

 

いろんなことがあった。

 

最後の広島の講演の後、スマホがフリーズした。

 

次男が調べてくれたら「文鎮化」というものではないないかと言う。

 

とりあえず、修理には出したが、書きかけのバックアップをとっていない原稿や、ライン、メールのやり取り……

 

つまり仕事に関わるものが見れない。

 

講演が多く、データだけの記録の場合、かなり困る。

 

夫が協力してくれてインターネットで調べてくれてどうにか行けるという、なんとも恐ろしい状態だ。

 

電話とメールは代替え機で使えるようになったが、ほとんどラインに頼っていたのでその不便さたるや相当なものだ。

 

実はちょっと前に、スマホがなくなったり、壊れたら大変なことになるなぁとぼんやり思った。

 

このところ、かなり忙しくなっていて、そういうときにスマホが壊れたわけで「これはどういうことだ」と思った。

 

しかし、そんなことを考えているより、日々連絡漏れはないか、やるべきことができているかに時間を使った方がいい。

 

 

失われるもの

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事に関わることも困るけど、かわいい孫ちゃんたちや子どもたちのお気に入りの写真、メモに入れておいた情報……

 

そういうお金には代えられない大切なものたちが、失われるかもしれないという悲しさ。

 

もちろん、多くの方はちゃんとバックアップがとってあって、困らないようにしているのだと思う。

 

でも、そういうことにはうとい私は途方に暮れる。

 

「備えあれば憂いなし」という言葉と「後の祭り」という言葉を噛み締めている。

 

 

書きたいことがいっぱいあるのに、そんな事情でアップできずにいます。

 

もし、楽しみにしていてくださる方がいらっしゃるなら、もうしばらくお待ちくださいね。

 

そして、よろしければこの機会に、1000近くあるアメブロ ぎふてっどやコラムの気になる記事を読んで頂けると嬉しいです(^-^)