歩かないからな

ケントが小学校5年生の時のこと。

教育相談所に行っていた。

ケントは相談員の方とお話したり、ビリヤードしたり、トランポリンしたり……

その間、私は別の相談員の方とお話をする。

1ヶ月に1回くらいだけど、ケントも私も割りと楽しみにしていた。

ところがある日、教育相談所に向かう車の中でケントはひたすら同じことを言い続けた。

「ケントは絶対、歩かないからな!」

「じゃー 今日は行くのをやめる?

「やめない。だけど絶対に歩かないからな!」

「ママだけ行って、ケントは車の中で待ってる?(寒い時期でした)」

「ヤダ!」

「ケント、歩かないならママがおぶってあげようか?」

「ふざけんな!」……

こんなやり取りを繰り返しながら、教育相談所に着いた。

 

わけがあった

images-14

 

 

 

 

 

 

着いた頃には私も疲れていた。

それで、いつもなら「ケンちゃん着いたよ。降りて」とか言うのだけど、その時は「降りろ」と言った。

言い訳のようだけど、そういう言い方は普段したことがない。

もう、ほんとに面倒くさくて、疲れて投げやりにそんなふうに言った。

すると、ケントは「かわいいオレ様に向かって、降りろとはなにごとだ!」と怒った。

「そうだよね。ケントは、ほんとにかわいいものね」と言うと、
それを聞いたケントは、黙って降りた。

降りたものの「歩かないって言ってるだろ!」と言っていたが、私が歩くと、とりあえず歩いていた。

私は、何を言っても「歩かない」を言い続けていたので、気持ちを切り替えるしかないと思い、

「ケントは、刀、好きでしょ。
どんな刀が好きなの?」

「おじいちゃんちで見た◯◯な刀。すっごくかっこいいんだよ」

「へー じゃー おじいちゃんは、どんな刀が好きなんだろうね」

「おじいちゃんはね……
あのさー、ママはどんな刀が好き?」

「ママは刀のことはあんまり分かんないな。
ケンちゃん、着いたけどどうする?」

「行ってくる。じゃーね」

その話を相談員の方にしたら、

「お母さん、上手ね」と褒められた。

後で分かったことだけど、その日、相談所の駐車場の工事なので、隣の市役所の駐車場に停めるように言われていた。
ケントは、急な変更は苦手だから、「次の時だけ、市役所の駐車場に停めるよ」
と言ってあった。

市役所の駐車場は相談所の駐車場よりちょっとだけ歩く。

それが、きっと嫌だったんだ。

いつも通りじゃないことも、もちろん嫌だった。

でも相談所は行きたかった。

そういうことだったのだと思う。

やっぱり必ず理由はある。

そして、次の相談所の日は駐車場がまた使えるようになっていたので「歩かないからな」と言うことなくスムーズに行くことができた。

ほんとにケントは変化が苦手。

これには自閉症スペクトラム症ゆえだけでなく、他にも深いわけがあった……(・・;)

 

堀内祐子が近日、講演を行います!

最終日には長男のケントも講演を行います!

こちらから申し込みできます↓↓

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント