三男のお勧め

「おふくろ、『君の膵臓をたべたい』読んでみなよ。生き方変わるよ。
それからさ、主人公の男、◯◯(次男)にめっちゃ似てんの」

 

「あなたはどんなふうに生き方変わったの?」

 

「仕事の取り組み方が変わった」

 

「そうか。それはすばらしいね。
それに、主人公が◯◯に似てるなら読んでみるかな」

 

そして三男は「君の膵臓をたべたい」の文庫本を貸してくれた。

 

その後、何度も「読んだ?」と聞くので、三男はよほど私に読んでほしかったのだと思う。

 

実際、私が読んでみようと思ったのは、三男が「読んで良かった」と思っている本を読んでみたいと思ったからだ。

 

正直言えば、タイトルが好きじゃなくて、三男に勧められなければ、決して読まなかったと思う。

 

三男は私が本当に読んでいるのか気になるらしく「どのくらい読めた?」と時々チェックする。

 

ちなみに三男はいかにも本を読まない感じの子なんだけど、実は好奇心旺盛なので、はやりのものには飛びつく。

 

だから、話題の作品はだいたい読んでいたりする。

 

話がそれるが、中学校時代、三男は授業中だいたい本を読んでいたようだ。

 

本を読んでいないとうるさいので、先生はこぞって三男だけは授業中、本を読んでいることをほめた。

 

もちろん他の子は注意される。

 

三男だけの特別ルールは他にも色々あったのだけど、全て、三男に静かにしていてもらいたいがためのものだったのだと思う。

 

つまり、あきらめられているという見方もできるが、三男への合理的配慮という見方もできなくはない。

 

それが証拠に三男はすっかり不登校にはならず、適度に学校に行って、それなりに友だちどの交流を楽しんでいた。

 

 

読書感想

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺で話を「君の膵臓をたべたい」に戻そう。

 

ようやく、昨晩読み終わった。

 

三男は次男のことをこんな感じに思っていたのか……

 

もちろん、全く同じではないけど、確かに共通点はいっぱいあった。

 

その辺は読んでいておもしろかった。

 

 

そして、率直な感想。

 

読んで良かった。

 

三男が勧めてくれた本を読めて良かった。

 

内容的にも感じるものがあった。

 

白状すれば、ちょっと泣いた。

 

主人公の変化をなんか親みたいな気持ちで心から喜んだ。

 

そして、著者はどういうめあてで書いたのかは分からないけど「コミュニケーション」というワードが頭の中をチラチラした。

 

人と人の交わりは良いものだと……

 

「家の中に閉じこもって読書やゲームばっかりしてないで、外の世界に出ておいでよ。
外にはいろんな人がいて、光が満ちているんだよ……」

 

そんなメッセージを感じ取った。

 

もちろん、いろんな人がいるからね。

 

嫌な思いも悲しい思いもする。

 

 

それでもなお

 

 

人との交わりはすばらしい❣

 

 

「三男、ありがとうね。
君のおかげで、良い本が読めたよ」

 

 

☆お知らせ

読者さまのコラムは9月いっぱいでクローズさせて頂きます。有難うございました。