つい 言っちゃった

孫の七五三でちょいと高級感のある和風レストランでお祝いをした

ウェイターさんが、孫を見て、「美しいお着物ですね」と言った。

「ありがとうございます」って言って終わることもできたのだけど、「えっ 着物が美しいの?」って思った。

実際、孫が選んだ着物は白地に色とりどりの花が散って、とてもきれいだった。

でも、「こんなにかわいいのに、なんで着物だけ褒めるん?」って思っちゃった。

おばあちゃんバカと言われるかもしれないけど、孫の着物姿はそれはそれは美しかった。

つまり、例えるなら、私は女だけど、自分の奥さんのウエディングドレス姿が美しいのに、ウエディングドレスだけ褒められて「なんで、うちの奥さん、こんなにきれいなのにウエディングドレスだけ褒めるのか?」って不満な感じ。

それで私はウェイターさんに言った。

「着物がきれいなんじゃなくて、この子がかわいいんです」

まー 普通そんなことは言わないだろうなーと思いつつ言った。

もちろん、やんわりニコニコしながら言った。

ウェイターさんも「失礼致しました。おっしゃる通りです」とニコニコ……

その後も楽しく、おいしく頂いた。

 

どういう気持ちで言ったか?

img_20161120_144426

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのことを次男に話したら「お母様、その方が何を言ったかではなく、何を思って言ったかです。大切なのは心です。褒めたいと思う気持ちで言って下さったのならそれでいいではありませんか?」

「あなたの言ってることは分かるけど、着物だけ褒められた時、なんで着物だけ?って思ったんだもん」

「マザー・テレサも『大切なのは、どれだけたくさんのことをしたかではなく、どれだけ心を込めたかです』と言っています。
どういう気持ちで言ったかが大切なのです。
その方が褒めたいという気持ちで言って下さったのならそれでいいではありませんか?」

その後も次男は何度も「何を言ったかではなく、どういう心で言ったかが大切」だと繰り返した。

そこは、どうしても譲れないことらしい。

それを譲ってしまえば、アイデンティティクライシスになってしまうと言っていた。

とりあえず、なんでこんなに自分は「心が大切」ってことにこだわるのかさんざん考えたら、きっかけになった出来事を思い出したようで、
アイデンティティクライシスに陥らずに済んだと言って、安心して次男は寝た。

 

「言葉だけを捉えてはならない。
どんな気持ちで言ったのかが大切」

 

大切なのは心。

 

次男は、それを言い続けるΣ(´∀`;)

 

※気に入った記事がありましたら、シェアをお願い致します。
シェアではなく転載の場合、あるいは一部引用であっても引用元である「ぎふてっど.com」の記載をお願い致します。

 

堀内祐子が近日、講演を行います!

最終日には長男のケントも講演を行います!

こちらから申し込みできます↓↓

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント