歯並び

 

私は歯並びがあまり良くない。

 

乳歯がなかなか抜けず、生えてきた永久歯のじゃまになり、1本だけ窪んでいるものだから不便だし、見栄えがかなり悪い。

 

歯並びは大切だ。

 

だから高いお金をかけて矯正したりする。

 

 

うちの子どもたちは比較的歯並びが良い。

 

 

それは、たまたま偶然歯並びが良くなったわけではない。

 

 

夫は、子どもたちが小さいときから「固いものを食べさせろ」と言っていた。

 

なので、ハンバーグより固いステーキ肉を食べていた。

 

きんぴらも太いごぼう。

 

とにかくよく噛まないと食べられないものを、意図的に出していた。

 

だから、ケントなどはおとなになって柔らかい肉を食べたとき「こんなに柔らかい肉があるんだ」と思ったそうだ。

 

ところが柔らかい肉ではもの足りず、ずっと食べていた固い肉が恋しかったと言っていた。

 

小さいときに柔らかいものばかり食べていると顎が細くなり、永久歯が生えてきたときに、ガタガタになってしまうことがある。

 

子どもは親から出されたものを食べるものね。

 

歯並びに関しては「親に感謝しなね」と偉そうに言っている。

 

 

日傘でガード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから、私の話。

 

私は孫が3人もいる立派なバーバ。

 

映画だってシニア割引き、

 

でも、時々なんで肌がそんなにツルッとしているのかと聞かれる。

 

エステには行ったことがない。

 

パックも面白半分に1回くらいしたことがある程度。

 

大した手入れはしていない。

 

せいぜい、化粧をしたまま寝たりしないことぐらい。

 

話は私が子どものときに遡る。

 

毎年、夏になるとわが家はキャンプをしていた。

 

ある年、帽子を被らないでいた母が、キャンプから帰ると、顔にたくさんのシミができてしまった。

 

母はそれまできれいな肌をしていた。

 

それが、お日様の光をたくさん浴びてシミだらけになってしまったのだ。

 

母もショックだったようだが、私もショックだった。

 

直射日光を浴びるといけないんだなとその時に刻まれた。

 

高校を卒業したあたりから、私は夏になると日傘を持って歩いていた。

 

今は若い人も日傘を持つけれど、そのとき、日傘はおばさまたちの持ち物。

 

まだ10代の私が日傘を持つのは奇異だったと思う。

 

その当時は、小麦色の肌がもてはやされていた。

 

それでも、太陽の強い光はお肌の大敵と思っていたので、夏は日傘か帽子は必須の持ち物だった。

 

まぁ つまり、私はそれだけやっていた。

 

もちろん、太陽の光に強いお肌の人もいると思うが、私の場合は無防備にしていたら、困ったことになっていたと思う。

 

だけど、年相応にほうれい線、バッチリありますのよ(*≧∀≦*)