このところ、不登校についての原稿依頼があって、ずっと不登校についで書いていた。

書き終わってほっとしていたところ、facebookで、気になる記事を見つけた。

「新学期が始まる8月31日~9月2日までの間で例年約25名の児童が自ら命を絶ち、約250名以上は未遂をしているのだそうです」とあった。

そのことを受けて、娘もお世話になったことのある東京シューレが動画を作成した。

【不登校】学校へ行くことは義務じゃない というタイトル

  わが家の場合

娘が不登校になった時に、担任は直ぐに飛んできて下さった。

ところが、担任は娘に「あなたが学校へ行かないと、お母さんが困ったことになる」と私がいない隙に娘を脅したのだ。

担任が帰って、娘が「私が学校へ行かないとママが困ったことになるの?」と聞いた時には「き~~っ!」
ってなったけど、直ぐに娘に言った。

「あなたが学校へ行く義務を負っているのではない。学校に行く権利があるだけだ。
それに、ママはあなたが学校に行かなくても困らない」

「ほんとにママは困らないの?」

「大丈夫、ママは困らないよ」

その時、娘はほっとした顔をした。

学校に行きたくても行けない娘に担任はなんて残酷なことをしたのだろう。

腹が立って仕様がなかった。

娘が学校に行けなくなったばかりの頃で、私もオタオタしていた。

それなのに、このことをはっきり娘に伝えられた自分を褒めてやりたい。

あの時、私がはっきり伝えていなかったら、どうなっていたのだろう?

  不登校と発達障害

確か、昨年だったと思うけど、新学期が始まる前に、
「新学期、学校に行きたくなかったら、図書館にいらっしゃい」というつぶやきがたくさんシェアされた。

学校に行かない選択もあるということをちゃんとおとなが伝えなくてはならないと思う。

家で過ごしている子どもたちはたくさんいる。

特に発達障害の子は、感覚過敏があったり、コミュニケーションの問題があったり、うちの長男みたいに学校に行く意味を見つけられないと不登校になりやすい。

そういう子どもたちを無理に学校に行かせたりすると身体症状に表れたりする。

だいたい、それ以前に辛い。

  親が守る

不登校のお子さんをおもちの親御さんは分かると思うが、親や先生が学校に行くように言ったところで、子どもは動かない。

だって、行ったら自分が壊れちゃうことを知っているのだ。

学校にいかない事で自分を守ろうとしているのに、それを無理やり行かせることはどういうことか、誰でも分かるだろう。

「親が守ってやらなくて誰が守ってくれるのか?」と私は思う。

  学校に行かない選択

学校に行かない選択をした子どもたちで生き生きと生活している子は多い。

もちろん彼らも学校に行かなくなったばかりの頃は苦しい思いもしただろう。

だけど「義務教育」の呪縛から開放されると、自分の好きなことをとことんやったり、ゆっくり考える時間ができたり……

案外、楽しんでいる子は多い。

そして、自分のペースでちゃんと成長し、立派なおとなになっている。

そして、辛ければ、休んで、休めば回復するってことも覚えておくといい。

だって、高熱を出している子を無理やり学校に行かせたりはしない。

まず、ゆっくり休む。

それから後のことは元気になってから考えたらいい。

人生は長いんだからね……