単純なゆえに

 

またまた、断捨離の話。

 

つまり、それだけ、断捨離は私の日常。

 

お宝発見の話は昨日書いたが、同じ日、これまたお宝発見。

 

万札登場。

 

 

今までにも何度か万札が登場したことがあるということは、おいしいエサを土の中に埋めてさっさと忘れてしまうワンちゃんみたいなもので‥‥

 

得した気分だけど、そのお金は自分が忘れていただけですから〜

 

しかし、それは分かっていても、タンスのどこからか万札が出てくるのは嬉しい。

 

やたら、幸せな気持ちになって、明日の講演の後にケントたち家族にお昼ご飯をご馳走しようとルンルン気分。

 

われながら、単純だと思うが、この単純さのゆえに私は幸せにこの人生を歩いて来たと思っている。

 

 

大変そうに見えない

 

 

 

 

 

 

 

私の身近な友人たちは、私が結構酷い目に合っていることを知っている。

 

もちろん、生きていれば色んなことがあるのだけどね‥

 

 

ときどき「まぁ❗️」って驚くようなことに遭遇する。

 

 

確かに酷いことなのですよ。

 

 

嫌なんだけど、

 

くっそーって思うんだけど、

 

苦しいんだけど、

 

悲しいんだけどね。

 

でも、

 

ずーっと言われ続けていること。

 

ちっとも大変そうに見えない。

 

それって、感情が顔に出にくいのかな?

 

出にくくても、感情はあるのよね。

 

 

感情が顔に出にくいことが良いことなのか、悪いことなのかは分からないが、どんなときも小さな幸せを感じる力が私にはあるのだと思う。

 

 

割りと、酷い状況でも幸せを感じることができる。

 

 

これは、才能ということにしようƪ(˘⌣˘)ʃ