突然の死

知人が突然亡くなった。

数週間前に、笑顔で話した。

そのとき、彼女は人混みにいたし、私は他の人を探していた。

だから、話しかけようかどうしようか一瞬迷った。

それでも声をかけた。

 

彼女は髪にウェーブがかかって、すごく若々しく見えた。

それがよく似合っていた。

そういうとき、私は素直に口にしたくなる。

「その髪型ステキだね。よく似合ってる」

彼女は嬉しそうに笑った。

そして「来年、孫が生まれるんです」と本当に嬉しそうだった。

「おめでとう!良かったねー。楽しみだねー」

「本当に楽しみなんです」

それが最後だった。

 

後悔しないために

img_5003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの時、声をかけて良かった。

彼女の笑顔が見れて良かった。

一緒に喜びあえて良かった。

 

私たちは毎日選択をしている。

声をかける選択も、かけない選択もできた。

 

一つ一つの小さな選びを大切にしたいと心から思った。