子猫を拾ってきた

3年前、生まれて間もない瀕死の子猫をケントが拾ってきた。

保護しなければ死んでしまうので、とりあえずできることをした。

どろんこだったので、きれいに洗い、温めて、赤ちゃん用のミルクをスポイトで与えた。

そんなことをしているうちに、とりあえず保護のつもりが、「うちの子にする」ってことになった。

ケントが見つけてくれて、奇跡的に助かったのでミラクルを文字って「みくる」と名前を付けた。

余談だけど、動物病院ヘ行くと必ず、「みくる」の前に「くるみちゃーん」ってのと「みるくちゃーん」って呼ばれる。

「みくるちゃーん」はいつも3番目。

ニャンにうちの子になってもらうときに、私は必ずすることがある。

ニャンにはそれぞれお母さんがいたが、離れ離れで会うことができない。

すごーく不安だと思う。

だから、私はニャンにお話しをする。

今日から私がママです

「今日から、私があなたのママです。
本当のママには会えないけど、代わりに私があなたを守ります。
だから、安心してここにいてね」

みくるはすくすくと成長したのだけど、困ったことに先住のあっちゃん(アニー)がすねてしまった。

みくるに「フ ~」って怒りながらそのうちに、家で過ごすことがめっきり減った。

結論としてはあっちゃんは別宅を作り、そこでかわいがられていた。

ママをみくるに横取りされて、あっちゃんは他に愛情を求めたのだろう。

ありがたいことに別宅の方は、野良猫か飼い猫か分からないあっちゃんを優しく迎えて下さった。

なんで別宅のことが分ったかと言うと、その別宅の方があっちゃんの本宅を探して下さったのだ。

別宅の方はあっちゃんと過ごす中で、この子は野良猫ではなさそうだと思い、あっちゃんの本当の家を見つけようと決心された。

ある日、あっちゃんの後をつけてみると、あっちゃんがわが家の庭に入って行ったのを見届けた。

そして、ピンポンして下さった。

実は私もあっちゃんは別宅があるのではないかと思っていた。

だって、あっちゃんは家ではあまりご飯を食べないのに、丸々と太ってきたからどこかでうちよりおいしいものを食べているに違いないって思うのは自然なことだ。

それは正解だった。

本宅の方は「一番高いエサををあげてます」っておっしゃった。

「そりゃあ、うちで食べないよな~」

とにかく、それだけかわいがってもらってたわけだ。

そして、あっちゃんは今でも時々、朝帰り。

帰ってくると、ニャーニャー言いながら、「ママー、私、帰ってきたよ」ってアピールしながら、私のところにくる。

そういう時は必ず、抱きしめるか撫でながら「あっちゃん、よく帰ってきたね。ママはあっちゃんを愛しているよ。
帰ってきてくれてありがとうね」と声をかける。

あっちゃんは満足して、ゴロゴロ言ってる。

帰る場所はここだよね。あっちゃん(=^・^=)