放蕩娘

 

あっちゃん(=^x^=)が1ヶ月ぶりに帰ってきた。

 

あっちゃんは、ミクが来てから別宅を作った。

 

行ったり来たりしていたが、1ヶ月くらい前に、せっかく帰ってきたあっちゃんに、ミクが偉そうに「ふ〜〜っ」って言ってから、あっちゃんはまったく姿を見せなくなった。

 

以前、あっちゃんは別宅に行っても、夕方になるとご飯を食べるために、そして私に元気な顔を見せるために帰って来てくれていたのに‥

 

ミクがあっちゃんを追い出した。

 

あっちゃんは、後から来たミクに追い出されてすごく悔しかったと思う。

 

幸い別宅の方は、お優しい方なので、きっとかわいがってもらっていると思う。

 

ご飯も頂いているようで、痩せてなかった。

 

 

なんだかねー。

 

放蕩娘が帰って来てくれたみたいで、久しぶりに元気な姿を見て嬉しくてたまらなかった。

 

ご飯を食べて、さっさと出て行ってしまったけど‥

 

それでも、忘れないで帰って来てくれたことが嬉しかった。

 

 

繋がっている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもと一緒で、

 

自立したんだと思って、

 

幸せでいると思って、

 

心配なんかしないんだけど、

 

それでも、帰って来てくれたら、

 

顔を見せてくれたら、

 

私は幸せになる。

 

 

ずーっと前に、熊本にいる夫の母に聞いてみた。

 

「〇〇さん(夫)が、遠くにいても寂しくないですか?」

 

そのとき、私たちは東京に住んでいて、なかなか母に会うことはできなかった。

 

しかし、母の返答は

 

「地球の裏でん、どこでん良か、あの子が幸せでいたらそれで良か」

 

それだけだった。

 

なんか母の深い愛と信頼を感じた。

 

もう30年も前のことなのに忘れられない。

 

 

「幸せでいたら、それで良か」

 

 

あっちゃんが別宅にいても、

 

あっちゃんが幸せならそれで良い。

 

 

どこにいても、心は繋がっている(((o(*゚▽゚*)o)))♡