今年の1月2日にクーちゃんは(=^ェ^=)は、天国に逝くときに大切なことを教えてくれて、それはわたしの心の奥の方にしっかりしまわれた。

 

 

ちゃんと生きた。

 

 

ちゃんと終わる。

 

 

ちゃんと生きるってことは、

 

 

たくさん、喜ぶこと。

 

 

たくさん愛すること。

 

 

話は変わって、昨日孫ちゃんと長い時間一緒に過ごした。

 

 

そしたら、孫ちゃんから伝わってきたのは、

 

 

喜びと愛だった。

 

 

もう、ほんとに色んなことを喜ぶし、

 

 

ハグするし、

 

 

抱っこされに行くし、

 

 

笑顔振りまくし、

 

 

あー 生きてるなぁって感じ。

 

 

気に入らないと「フンッ!」とか言ってそっぽを向くし、納得しないと動かないし、そうとう意思は強いんだけどね。

 

 

「幼子のようになりなさい」とイエスさまはおっしゃった。

 

 

子どもってほんとにしっかり生きてる。

 

 

たくさん喜んでるし、

 

 

たくさん愛してる。

 

 

幸せに生きることは‥シンプルなことなんだ。

 

 

子どもを見ていたら、それがよく分かる。

 

 

そうやって、幸せに生きるお手本がいつも近くにある。

 

 

ありがたいことだ😊

 

 

ちなみに、わたしもすごく幸せです💕

 

 

 

■ ゆるみ子育て☆堀内祐子のメルマガ

https://mail.os7.biz/add/xEpI

 

 

 

ADHDと自閉症スペクトラムの自分がみつけた未来~親子でふり返った誕生から就職まで~

 

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと

 

発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ