昨日、2月22日のケントとの講演の感想が送られてきた。

 

 

それを見ながら、

 

 

皆さんが、元気になったこととか、心が軽くなったことを書いてくださっていて、嬉しくなった。

 

 

そして、夜友だちと話していて、気づいた。

 

 

今、コロナウイルスのことで、安倍さんが言ったことからたくさんのイベント、講演、セミナーがキャンセルになっている。

 

 

そういうところに行って元気になったり、学んだり、リフレッシュしたり‥

 

 

そのような機会が極端に減ってしまっていることの影響って大きいんだろうなぁって思った。

 

 

もちろん、本とかYouTubeとかブログとか様々なツールがあるけど、

 

 

講演に来てくださった方がよくおっしゃるのは、生で聴けて良かった。

 

 

伝わり方が全然違う。

 

 

実際に来てくださる方は、本も全部読みました、ブログもコラムも読んでいますっていう方がけっこう多い。

 

 

それでも足を運んでくださる理由がある。

 

 

それはわたしだけではなく、たくさんの講師、アーティスト、そして、それらのイベントを楽しみにしてくださっていた方々‥

 

 

残念な思いがあると思う。

 

 

でも、そういう思いの先に再開できることを楽しみにしたり、待ち望むワクワクにフォーカスして、

 

 

願って、

 

 

祈って、

 

 

自分にできることをしたら良いんだなぁと思った。

 

 

今、わたしにできること。

 

 

たくさんのインプットをしている。

 

 

皆さんのお役に立てるように、より一層学んでいる。

 

 

そして、

 

 

オンラインサロンを3月10日に始められるように準備をコツコツしている。

 

 

家にいても、皆んなと繋がれる場所作り。

 

 

待ち望みながら、できることをする。

 

 

そこにフォーカスするとワクワクしてくる(*゚▽゚*)

 

 

不安じゃなく、そっちに意識を向ける。

 

 

いつか収束する日が来る。

 

 

その日がいつか分からなくても、

 

 

必ず来る❣️

 

 

待ち望むってステキ╰(*´︶`*)╯♡

 

 

 

ゆるみ子育て☆堀内祐子のメルマガ(無料)

メルマガでは、かなり不思議なわたしの子ども時代について書いています。

こちらは子育てのヒントになるエピソード満載です。

よろしければ、ぜひご登録くださいね。

■登録用URL

https://mail.os7.biz/add/xEpI

 

 

 

堀内祐子の書籍

発達障害なんてただのオプション: 人生、思いどおりにいかねえからおもしれえ!

ADHDと自閉症スペクトラムの自分がみつけた未来~親子でふり返った誕生から就職まで~

 

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと

 

発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ