報告したかったこと

私は後悔というものをあまりしたことがない。

だけど、後悔したことは、激烈な痛みを伴って覚えている。

昨日、書いたカネおばあちゃんの続き。

 

一人目の子育てでくじけそうになっていた私が、3人の子どものお母さんになっていた。

しかも、4人目の子どもが秋に生まれることになっていた。

その時私は京都に住んでいて、春休みだったので、神奈川の実家に帰省していた。

その日は友だちの家に遊びに行って、それからおばあちゃんの家に寄ることにしていた。

ところが、友だちの家に長居をしてしまい、夕方になってしまったので、おばあちゃんの家には翌日行くことにした。

 

会いたかった

 

 

 

 

 

 

翌日、早朝に電話がなった。

おばあちゃんが亡くなったという電話だった。

前日、いつもと同じように布団に入ったおばあちゃんが、朝起きて来ないので呼びに行ったら、おばあちゃんは亡くなっていたそうだ。

その時の激しい悲しみと後悔は忘れることができない。

私はおばあちゃんに4人目の子どもが生まれることを報告したかった。

あの時、子育ての自信がなくオロオロしていた私が、4人の子どものお母さんになろうとしている。

ちょっと誇らしかった。

おばあちゃんに報告して、一緒に喜んでもらいたかった。

もう、それができない。

私は号泣した。

 

昨日、予定通り寄っていれば、おばあちゃんに会うことができた。

あの時、おばあちゃんの家に寄ろうかどうしようか迷った、その一瞬を私は今も覚えている。

 

「今日はもう遅くなったから、明日ゆっくりおばあちゃんに会おう。4人の子のお母さんになるって聞いたら、おばあちゃんビックリするだろうな……」

 

明日が楽しみにだった。

 

その頃の私は、私たちの思いを霊界の人がちゃんと感じているって知らなかった。

今だったら、心でメッセージを送れるって知ってるから、そこまで激しく悲しむことはなかった。

 

おばあちゃんは知っている。

 

私がどんなにおばあちゃんを大好きか、尊敬しているか、おばあちゃんの孫であることに誇りを感じているか……

 

ちゃんと届いている。

 

つい最近も困ったことがあって、お祈りもしたけど、おばあちゃんたちにもお願いした。

 

そして、守ってもらった。

 

どこにいたって愛は届く。

 

ようやく桜が咲いてきた。

 

今週末は満開になるかな?

 

講演、相談会、個別相談、執筆賜ります。
(発達障害、子育て、自立に向けて、不登校、引きこもり…)

kurasuhinto@gmail.com

講演会のご案内