不従順な子を育てる

長男が小学校2年生くらいの時だったと思う。

私は、知り合いの精神科医のサイコロジーセミナーを受けていた。

とても、興味深く、このセミナーが楽しみだった。

残念ながら内容は、ほとんど忘れてしまった。

それでも、一つだけ覚えてるいることがある。

「子どもは、だいたい2つのタイプに分けることができます。

「従順な子」と「不従順な子」です。

従順な子は、親の言うことを比較的よく聞くので、育て易いです。

しかし、不従順な子は親の言うことを、ちっとも聞かないので、子育ては大変になります。

どっちが良いという話ではありません。

不従順な子は育てるのは大変でも案外、生きて行く力をしっかりもっていて、自分の人生を切り拓いて行ったりします」

ケントはまさしく、「不従順な子」だった。

そして、めちゃめちゃ育てにくかった。

そのときは大変な最中だったので、この言葉はなんだか私に希望を与えた。

そして、そういう目で見るとケントはけっこう芯があって、たくましく見えたりした。

小さいときから自分の考えははっきり言う子だったし、どんなに強く叱られても、自分が納得しないと、絶対に謝らなかった。

そして、とにかく激しかった。

不従順な子とADHD

思春期になっても、それは変わらなかったし、そのままおとなになった。

その子がもって生まれたエネルギーの強さってそれぞれ違うと思う

ADHD の子は比較的、エネルギー値が高いように思う。

そして、衝動も強いし、よく動くし……

ケントは「トルネードケント」って言われるくらいのエネルギーをもっていた。

だから、限りなく育てにくい子だった。

社会に出ると

しかし、エネルギーが強いことも、衝動が強く、アクティブなことも、社会に出て働く上でプラスに働くことは多い。

私の友人の中でも、ADHDの傾向を感じる人の行動力は半端じゃない。

彼らは社会に貢献し、そしてビジネスでも成功している人が多い。

そして、ケントも事業を起こし、頑張っている。

そのあふれるエネルギーを良いことに使ったら、本当にすばらしいことになる。

「不従順な子」だったケントは社会の中でたくましく生きているヽ(^o^)丿

 

 

☆読者の皆様もライターになれるチャンスがあります!☆

もし、当サイトで世の中に伝えたい事があります!という方はぜひ当サイトに掲載して執筆をしませんか?

詳細は下記のページから確認をして下さい!

当サイトに執筆するための詳細

 

 

イベントを追加しました。10月に講演をやります!

よかったらご覧下さい☆彡↓↓

イベント