不安、心配、恐れ

個人的にこのところ、ずーっと思っているのは、最大の誘惑は「心配」だってこと。

色々な方のお話を伺っていて、不安や心配、恐れについて、お話される方が多い。

とにかく私は、ずっとお話を聞いている。

相づちぐらいしか打たないけど、けっこう注意深く聞いている。

かなり、長時間聞いているものだから、色々なお話をされる。

すると、不安や心配や辛さの中に「えっ! それってステキじゃん」とか「すばらしいことだよなぁ」って思うことが出てくる。

私は単純だから、素直にそれを口にする。

「へー ステキですね」

「良かっですね」

「すばらしい!」

話している方はだいたい、いかにしんどいか、辛いか、困っているか伝えようとしているのに私がつい、そういうことを言うものだから、
ちょっと拍子抜けした感じで
「そうですか?」とかおっしゃる。

「はい。すばらしいですよ」
と答える。

そして、そのあたりから、確かに何かが変わる。

そして、良いことをどんどん話してくださる。

気付けばその人は笑いながら話している。

 

どっちを選ぶの?

36500237_624

 

 

 

 

 

 

 

まだ起こってもいない未来を想像して苦しんでいる方が多い。

残念なことにそういう不安や恐れの意識は全部お子さんに伝わっていますよ。
でもその逆に『あなたは大丈夫、きっと幸せなおとなになるよ』っていう意識も伝わります」

そんな風にお話をする。

私たちには選択の自由があって、心配することも、大丈夫って思うこともどちらも選ぶことができる。

そしてその思いは、確実に伝わる。

何度も繰り返し言う。

「肯定的な未来を思い描きましょう」

今日も「死にそうだ」と言っていた方が、後半はたくさん笑って、電話を終えた。

多分、現状は変わらない。

だけど、その人の意識が変わる。

意識が変わると、ものの見方が変わる。

ポジティブに捉える?

マイナスに捉える?

こんなことでは将来は大変だと思う?

きっと大丈夫だと思う?

正直言えば、私も放っておけば、心配の罠に陥る。

だから意識的に心配は罠って思う。

心配する代わりに、じゃー どうするか考える。

ちょっと静観する。

お勧めしてみる。

祈る……

できることをして、天にお任せしてみる。

 

大丈夫、きっと、大丈夫

 

あなたの思いは確かに伝わります(*   *).。.:*

 

※気に入った記事がありましたら、シェアをお願い致します。
シェアではなく転載の場合、あるいは一部引用であっても引用元である「ぎふてっど.com」の記載をお願い致します。

 

堀内祐子が近日、講演を行います!

最終日には長男のケントも講演を行います!

こちらから申し込みできます↓↓

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント