認められたい

結局、子どもは親に認められたい。

 

それは、ずっと分かっていた。

 

 

子どもたちが幼稚園や小学校のとき、運動会に行けば、私は声を枯らして応援してた。

 

自分の子しか見ていない。

 

 

どこの子も親に見てもらうために、けっこう頑張る。

 

 

もちろん、そうじゃない子もいるとは思うが‥‥

 

親に「頑張ったね」「すごいね」

 

そう言ってほしい。

 

来てくれても、何も言ってもらえなかったら、それだけで傷つく。

 

 

親にとって、誇らしい息子、娘でありたい。

 

 

気が強く、わが道を行くという感じの私ですら、やはり認めてもらいたかった。

 

 

それが、ずっとずっと応えられないと辛い。

 

 

悲しい。

 

 

あきらめたと思っても、あきらめたはずなのにと思っても、それでも悲しいと感じるのはその思いを、捨てきれないからだ。

 

 

私は今週、2000人の方の前でお話をさせて頂く。

 

なんと記念講演!

 

名誉なことだ。

 

 

それでも、私は両親にそのことを話すことはない。

 

どれほど嬉しいことがあっても話さない。

 

話したいとは思わなくなった。

 

他の家族や友だちには大喜びで話すのになぁ(*´-`)

 

 

伝えたいと思っていること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちはおとなになった。

 

二人は結婚して家庭をもっている。

 

 

結婚したい人がいること。

 

子どもを授かったこと。

 

結婚式をすることになったこと。

 

お気に入りの洋服が見つかったこと。

 

ライブの抽選に当たったこと。

 

 

そして、自分が成長したと感じたこと‥‥

 

 

子どもたちが話してくれること。

 

報告してくれること。

 

 

それは、親として本当に嬉しいことだ。

 

 

いつもいつも、応えられなければ、子どもはあきらめてしまう。

 

 

応えたい。

 

 

どんな小さなことでも、子どもが親に伝えたい、認められたいと思って話してくれること。

 

その全てに応えたい。