応援するって、どういうこと?

皆様からのコメントを読みながら、「ほんとにありがたいなぁ」としみじみ思い、これからも、書いて行こうという大きな力を頂いたように感じた。

次男はこれまで何度となく「応援する」ことの大切さについて語ってきた。

「その人を応援する気持ちが大切です。その人の努力が報われてほしいという願いです。
私は思うのですよ。
その人の頑張りが必ず報われますようにと……
そういう祈りのような願いが
届くのです」

 

これは、講演のときに、時々話すことなのだけど、次男が数年前に話してくれたこと。

私の家は直ぐ近くに幼稚園がある。

子どもたちの声や演奏の音が、よーく聞こえる。

だいたいいつも、ディズニー関係の曲が頭の中をぐるぐるしているのは、子どもたちが演奏するアラジンやミッキーマウスマーチが朝から流れているからだ。

かなりの音量で聞こえてくるが、私は不快に感じたことはない。

「上手だなぁ。練習、大変だろうな」なんて思いながら聞いている。

 

次男のお話

images-4

 

 

 

 

 

 

話はずれるが、次男が幼稚園のときに、ピアニカで八木節を演奏するために、連日の練習があった時に言った言葉が忘れられない。

「ママ、幼稚園のお仕事は大変なんだよ」

「どんなお仕事なの?」

「ピアニカで八木節するの」

「ピアニカ、お仕事なんだ……」

 

そんなことを思い出すものだから、「子どもたち、お仕事頑張ってるなー」って思うわけだ。

 

秋になると、運動会の練習で連日、アラジンとかの演奏が聞こえてくる。

それをぼーっと聞いている。

そこへ次男がやって来て、話し始める。

「幼稚園の子どもたちは運動会のために一生懸命練習しています。
ですが、運動会の日にうまく行かないことや、失敗しちゃうこともあります。
それを見たお父さんやお母さんは、『ダメじゃないか』と、誰も言いません。
ただ『がんばれー』って応援するんです。
お父さんやお母さんというのは、子どもを評価する存在ではなく、
応援する存在なんです」

 

それだけ言って、次男は自分の部屋に戻ってしまった。

私は胸がいっぱいになって、何も言えなかった。

 

「親は子どもを応援する存在」

 

その言葉が心に深く刻まれた。

次男は誰かを応援するってステキなことだと言う。

そういうたくさんの人の意識が確かに伝わって、力になる。

 

「ゆっくり、のんびりでいいですから、書き続けて下さいね」

 

そういう、優しい応援が私に届いて、
心があったかになった( v 。)

 

※気に入った記事がありましたら、シェアをお願い致します。
シェアではなく転載の場合、あるいは一部引用であっても引用元である「ぎふてっど.com」の記載をお願い致します。

 

堀内祐子が近日、講演を行います!

最終日には長男のケントも講演を行います!

こちらから申し込みできます↓↓

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント