バスと衝突

再び、バイクを手に入れた長男は、やっとまたバイクに乗れるので嬉しそうだった。

かすかな願いはあれだけの思いをしたのだから、そこから少しは学んでくれていればいいなぁということだった。

しかしそれから、1年も経たないうちにまた事故。

バスとぶつかった。

病院の帰りに長男はぽつっとつぶやいた。

「おれ、情けねーよ。
おふくろ、おれ、バイクやめる」

ようやく自分でバイクとサヨナラする決心がついたようだ。

しかし、しばらくすると

「おれ、車の免許取るわ!」

やれやれ……

 

思春期最後の2年間

flower-22674_960_720

 

 

 

 

 

 

長男は2年間に4回、交通事故にあった。

その間は、複数の保険会社とやり取りし、全てが解決するには、けっこう時間がかかった。

本人も大変だったと思うが、私も大変だった。

特に入院したときは、病院の食事をあまり食べなかったので、仕事が終わってから、食事を届けた。

イライラや悔しかったことは私にぶつけてきたし、ほんとにしんどかった。

 

でもそんな最中に、本の出版が決まった。

私が病院にいる時に、出版社の社長さんからお電話を頂き、ぜひ会いたいと言って頂いた。

その時は、長男と一緒に喜びあった。

 

ケンカしたり、泣いたり、笑ったりしながら、ケントの思春期はバイクと共に終わった。

 

そして、1冊目の本

 

「発達障害の子とハッピーに暮らすヒント」が完成した。

本の完成は、大変だった長男の思春期を、なんとか耐え抜いたご褒美のような気がした (*^^)v

 

堀内祐子が近日、講演を行います!

最終日には長男のケントも講演を行います!

こちらから申し込みできます↓↓

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント