引っ越しと家具の位置の関係

ケントは家具の位置が少し変わる、ジグソーパズルの絵が変わる、
部屋を掃除する、布団を干す……

全て、ひどく嫌がった。

家具の位置を変えるときは必ず、
お伺いを立てたし、オッケーをもらうまでは動かせなかった。

掃除も極力しない。

布団を干したら、半泣きで
「なにすんだよー」とベランダで怒鳴られた。

同じ自閉症スペクトラム症でも、他の兄弟はそこまでひどくはなかった。

とにかく、ケントは変化に対してピリピリしていた。

自閉症スペクトラム症の特性に、
変化を嫌い、変わらない環境の中で落ち着けるということがあるので、そういうことだろうと理解していた。

 

彼女に聞いて分かったこと

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

 

 

 

 

 

 

ケントとコラボの講演の後、たまたま彼女とゆっくり話した。

「ケント君は、引っ越しで友だちと別れるのが、
本当に嫌だったらしいんです。
何回もそういう思いをしたので、
その変化が、トラウマのようになっていて、
少しでも家の中のものが変わると、その変化と引っ越しがダブって、
どうにも嫌だったと言っていました。
引っ越しはどうにもできないから、せめて、家具の位置だけは、
絶対に変えたくない」

だから、変わることを意固地になって、拒んだんだ。

子どもにできる小さな抵抗だったのか……

聞いていて、ちょっと切なくなった。

 

一度、夫の仕事の関係で、
インドに行く話が持ち上がった。

 

「おまえら、インドの家はプール付きだぞ。
ママはメイドさん付きで楽だよ」

 

しかし、この時、長女、長男は震え上がったと言う。

日本だって嫌なのに、よりによって「インド!」

インドには申し訳ないが、さすがに私も旅行なら行ってみたいが、住むとなると迷わず「ノー」だった。

私の意志が固いので、夫はインド行きをあきらめた。

子どもたちは、どんなにほっとしただろう。

この時のことは、長女も長男もよく覚えていた。

 

わが家の引っ越しの多さは、子どもたちには、かなり酷だったようだ。

 

彼女の話を聞きながら、
「随分、がまんさせたんだなぁ」と
今更ながら思った(・・;)

 

堀内祐子が近日、講演を行います!

最終日には長男のケントも講演を行います!

こちらから申し込みできます↓↓

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント