孫ちゃんがいつも笑顔なわけ

 

孫ちゃんが1歳になった。

 

この1年の彼女の成長ぶり。

 

 

 

ほんとにニコニコよく笑う。

 

誰にでも両手を広げて、抱っこしてアピールをする。

 

夢庵で食事をしているときに、お隣りにいらしたおばちゃまのところにヨチヨチ歩いて、あのつぶらな瞳でじっと見つめる。

 

こっちを見てくれると、満面の笑みで両手を広げる。

 

誰だってイチコロ。

 

大喜びで抱っこしてくださる。

 

ここで再び、満足の笑み。

 

そして、また次の方のところにヨチヨチ‥‥

 

 

この1年の孫ちゃんを見ていてつくづく思うこと。

 

ただ、ただ愛されて育った。

 

嫁ちゃんが愛おしんで、大切に大切に育てているのがよく分かる。

 

もちろん、ケントもかわいがってはいると思う。

 

 

だけど、ひたすらママに愛されている孫ちゃんはなんの恐れもなく、人を信じている。

 

子どもにとって愛されることは一番大切なこと。

 

 

おとなになってから「私は本当に親から愛されていたのだろうか」と苦しんでいる人がたくさんいる。

 

本当は愛されていたのだと、私は思っている。

 

でも、親も不器用だったり、どうやって愛して良いのか分からなかったり、忙し過ぎたり‥‥

 

そして、親自身も愛されたかったのかもしれない。

 

 

みんな愛されたい。

 

 

大切にされたい。

 

 

このように、いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。このうちで最も大いなるものは、愛である。

Ⅰコリント13章13節