今日は、友だちが遊びに来た。

 

 

と、言うか遊びに来てもらった。

 

 

自分の気持ちを確認したかったり、話を聞いてもらいたかったりすると、「遊びに来て〜」ということになる。

 

 

遊びと言いつつ、実はこの時間はかなり大切な時間だ。

 

 

まぁ しゃべりながらだいたいは、リースを作っているのだけど‥

 

 

お正月に天国に逝ったクーちゃんは、このブログにも度々登場するが、
クーちゃんは、今でもかなり働いてくれている。

 

 

わたしは、毎日のようにクーちゃんと話している。

 

 

ここで、頭がおかしいと思われる方は、スルーしてください。

 

 

このクーちゃん、生きているときは、けっこうシャイで、わたしの友だちが来ても直ぐに2階に行って、降りてこなかった。

 

 

ところが天国に逝く前に、よろよろと友だちの前にやってきて、ずっとなでてもらっていた。

 

 

そして、かなりありえないことに抱っこされた。

 

 

そして、天国に逝った後も、その友だちのところにときどき行っているとクーちゃんは教えてくれた。

 

 

そして、友だちもクーちゃんが来てくれたことは、はっきり分かると言っていた。

 

 

クーちゃんは、愛をもってやってくる。

 

 

一瞬で愛を伝え、癒して行く。

 

 

わたしは、それを毎日のように経験しているのだけど、わたしの友だちにもクーちゃんはそれをしていた。

 

 

友だちもわたしもクーちゃんの話をするだけで、愛を感じて泣きそうになる。

 

 

なんて、深い愛だろう。

 

 

 

クーちゃんは、次男がそれはそれは大切にしていたニャンだ。

 

 

今日、分かったんだけど、クーちゃんは次男のことを本当に助けていたのだ。

 

 

そして、今も助けている。

 

 

もちろん、今目の前にいるミクもジャスミンも、本当に大切な家族だ。

 

 

台風のとき、避難するかどうかの話になったとき、
次男はきっぱり言った。

 

 

「猫たちがいますから、何があっても避難はしません。ここに残ります」

 

 

多分、動物さんと暮らしている方はよく分かると思うが、言葉では表せないくらい、大切な存在。

 

 

生きていても、天国に逝っても、変わらない。

 

 

ずっと愛を贈り続けてくれている。

 

 

愛しい、愛しい存在💕

 

 


 

■ ゆるみ子育て☆堀内祐子のメルマガ

https://mail.os7.biz/add/xEpI

 

 

 

ADHDと自閉症スペクトラムの自分がみつけた未来~親子でふり返った誕生から就職まで~

 

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント―4人のわが子が教えてくれたこと

 

発達障害の子が働くおとなになるヒント―子ども時代・思春期・おとなへ