ケントのことやケントの言葉をまとめた電子書籍を作っている。

 

 

これまでの講演の中での質問にケントが答えたものから抜粋したものも載せた。

 

 

いつも、短い言葉でぶっきらぼうな感じで答えているが、読み返してみると、「お〜〜!!」と思うことを言っていたりする。

 

 

その奇想天外な答えに驚く。

 

 

驚くと言えば、どの質問にも即答する。

 

 

本人は「反射神経で答えている」と言っているが(笑)

 

 

ケントは小さい頃から、いっつも色んなことを考えていた。

 

 

どうしてそんなに考えるようになったか?

 

 

という質問には、「あんまり学校に行かなかったから、考える時間がいっぱいあったし、学校に行かなけりゃ指図されないし‥」

 

 

みたいなことを言っていた。

 

 

この「指図」という言葉を聞いて、思い出した。

 

 

メルマガを読んでくださっている方はよーくお分かりだと思うが、

 

 

わたしは小学校に入る前に母にお願いした。

 

 

「学校のことでわたしに指図しないで!!」

 

 

6歳にして親にこういうことを言い放ったわけだ。

 

 

しかし、そのわたしの願いを聞いて、母はその後、ずっと学校のことでわたしに指図することはなかった。

 

 

「宿題しなさい」

 

 

「勉強しなさい」

 

 

「明日の準備をしなさい」

 

 

母からそういう言葉を聞いたことがなかった。

 

 

その結果、わたしはこんなふうになった。

 

 

確かに人に使われる経験は少ない。

 

 

だいたい、今だってフリーランスで働いている。

 

 

ケントも然り。

 

 

使われるのが嫌だから、自分で会社を作る。

 

 

会社勤めが、性に合う人もいる。

 

 

どんなに苦労しても、自分でやっていく方が性に合う人もいる。

 

 

色々いるからいい。

 

 

話が冒頭に戻るが、そういうケントの28年間を本を書きながら感じたことは、やっぱりケントはおもしろい。

 

 

そして、大変な子育てをしながらも、わたしはケントからたくさんの影響を受けてきた。

 

 

自由奔放だけど、あのへこたれない精神はすごい❣️

 

 

電子書籍は今月発売です。

 

 

どうぞ、お楽しみに〜(o^^o)

 

 

2月22日の講演もお楽しみに❣️

 

2222講演会

お申込みフォーム

http://lalacream.com/z2tl

 

常総市

お申込みフォーム

https://forms.gle/u1FHvdq6vAuCRQGJ9

 

ゆるみ子育て☆堀内祐子のメルマガ(無料)

メルマガでは、かなり不思議なわたしの子ども時代について書いています。

こちらは子育てのヒントになるエピソード満載です。

よろしければ、ぜひご登録くださいね。

■登録用URL

https://mail.os7.biz/add/xEpI