断捨離と思考

つまり断捨離は思考なのだと思った。

 

断捨離の先生はちょっと話しただけで、その人の脳のクセというか、思考が分かるみたいだ。

 

そして、それと比例してその人の家があるわけだ。

 

つまり、部屋の中はその人の思考そのものなんだろう。

 

多くの人は「未来不安型」か、「過去執着型」だと……

 

それは自分の部屋に表れる。

 

 

捨てたあとに

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、自分の写真を捨てるのは上級者らしい。

 

私の初めての海外旅行はフィジーだった。

 

ちょっと古いけど、森村桂の「天国に一番近い島」にあこがれた。

 

フィジーは2番目くらいに天国に近いのではないかと選んだ。

 

旅行が好きで国内外色々行った。

 

その思い出の写真を、さっさとためらわず捨てたのだから、われながらいさぎよい。

 

私が美しければ、子どもたちに私の「若く美しい姿」を残したいと思ったのだろうが、残念ながら、そういうこともなく、あっさり捨てられた。

 

ところが私が全て、さっさと捨ててしまうのかと思いきや、捨ててないものがあった。

 

この10年間に及ぶ講演のチラシ。

 

なんとなく捨てられずファイルに入れていた。

 

断捨離のセミナーの最中にそのことを思い出したのだ。

 

記録として取っておいた方が良いのかという思いだと思うが、いやいやそれだけではなさそうだ。

 

過去の栄光を置いときたいのだ。

 

まぁ 栄光と言っていいのかどうかも分からないけど……

 

掲載された雑誌や新聞は捨てていない。

 

結局、「雑誌は取っておくか」と思いながらこれを書いているのだけど、その他は捨ててしまおうと決心している。

 

断捨離セミナーの前後に、
大きな講演依頼がバタバタと来た。

 

多分、捨てた分風通しが良くなって、仕事は増えるだろう。

 

必要のない物に、しがみついていないでさよならして、新しい出会にわくわくしよう。

 

 

さぁ これから名古屋で講演

 

 

楽しんできましょう \(^o^)/