ひらめいた

グループラインをしていて、私はそこに自分のコラムやらブログの記事をシェアしている。

それを読んだ友人が、自分の経験を書いてくれる。

それが、すっごくおもしろくて、「ここだけじゃ、もったいないでしょ」と思うようになった。

そのことを考えていたら、突然ひらめいた。

「私のコラムの読者のページに投稿してもらおう」

お陰様でけっこうたくさんの方がコラムを読んで下さっている。

色々な方の経験や思いを知ることができるのはいいなぁと思った。

思ったら行動は早い。

早速お願いしたら、快く引き受けてくれた。

 

書くって楽しい

10007-red-flowers-on-a-tree-branch-pv

 

 

 

 

 

 

私がこうして書き続けるのは色々な理由がある。

私が文章を書き始めたのは、25年前。

長男が生まれてからだ。

書くことは楽しみだった。

それを多くの方に見て頂くことは張り合いになった。

そして、大分経って気がついたのは、思いを言語化したり、文章化すると、気持ちを整理することができて、すっきりする。

とっちらかった頭の中を交通整理できる感じ。

そして、私の経験や感じてきたことが、皆様のお役に立つことは嬉しいこと。

 

記録は大事で、書かないと忘れちゃう。

だいたい、友だちに「次男の言うことをちゃんと書き留めなね」って強く言われて、アメブロを始めた。

書き残すと忘れても読めば思い出す。

書くって、なんかいいことがいっぱいある。

管理人に聞いたら、毎日だいたい500から1000くらいのアクセスがあり、多ければ2000近くになることもある。

アメブロも1000から2000くらいだから、ただのおばちゃんのひとり言をたくさんの方が読んで下さっているわけで、ホントにありがたい。

話がそれたけど、私も読者さんの投稿を読ませて頂いている。

「へー」って思ったり、おもしろいなって、次が楽しみになったりしている。

管理人の提案で始めたが、なかなかいい。

 

皆さんもペンネームでかまいませんので、ご自分の経験や思いを分かち合ってみませんか?

 

書くって楽しいですよ(*^_^*)

 

※気に入った記事がありましたら、シェアをお願い致します。
シェアではなく転載の場合、あるいは一部引用であっても引用元である「ぎふてっど.com」の記載をお願い致します。

 

堀内祐子が近日、講演を行います!

最終日には長男のケントも講演を行います!

こちらから申し込みできます↓↓

発達障害の子とハッピーに暮らすヒント