イメージできないんです

 

「まだ見ぬ姿を思い描く」を読んで「わたしはイメージできないんです」っていうコメントを頂いた。

 

それを読んで、「そうそう、私もちゃんとイメージできていないって思った。

 

つまり、私はどっちかって言うと

 

「あー、きっと大丈夫」とか

 

「なんか、グズグズ言ってるけど、よーく聴くとおもしろいことを言ってるなぁ。
案外おもしろいおとなになるかも」とか

 

「根拠ないけど、幸せになる感じがする」とか

 

ちゃんとイメージできてるんじゃなくて、割りとざっくり「大丈夫」っていう思い。

 

だけど、今気づいたんだけどね。

 

つまり、私、心配してないの。

 

そりゃー オール1だったし、学校あんまり行かないし「どうするんだろうね」とは思った。

 

それでもあんまり心配してなかったなぁ。

 

子どもが4人いれば、毎日結構色んなことが起こる。

 

それに対応するのだけだってエネルギー使うし、自分のやりたいこととか、楽しいこととか、仕事も家事もある。

 

あんまり先のこと、考えてなかったんじゃないかな?

 

 

漠然とした思い

 

 

 

 

 

 

 

嫁ちゃんも「ケント君は大丈夫な気がするんです」って言ってた。

 

大丈夫って思えるってことは、あんまり心配はしていないってこと。

 

 

私の友人の中には、はっきりと将来のことを思い描いている人がいる。

 

彼女たちの思いの強さに私は敬服する。

 

比べる必要はないけど、私はそういう強いイメージをあんまりもっていない。

 

漠然と「大丈夫」って感じている程度だったりする。

 

例外として

 

本は絶対に出版できるって確信があった。

 

それくらいだな。

 

 

ちゃんとイメージできていなくても

 

「なんか、大丈夫だろう」であっても、

 

それはつまりポジティブな思い。

 

ポジティブな思いであれば、それはそのように実現する。

 

だから、根拠なんてなくたって「うちの子、幸せになる〜」

 

 

それで、十分なんじゃないかな(^_−)−☆