卒業式なのに桜満開

 

ついにこの日を迎えた。

 

わが家から学生がいなくなる。

 

 

今日は、次男の大学の卒業式。

 

美しく晴れ渡り、なんと桜が満開。

 

 

4年前、次男は大学の法学部に入学。

 

 

入学式を終えて、直ぐに長女の結婚式のためバリに向かった。

 

次男の入学と長女の結婚式。

 

思い出深い一日だった。

 

 

もう4年も経ったんだ。

 

 

希望を星につなげ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次男は法学部ということもあって、最初の2年間は苦労していた。

 

助けてくださる方がいたので、なんとか乗り越えることができた。

 

 

今朝の次男の言葉には苦笑いをした。

 

「お母さま、褒めてくださいよ。
私は大学4年間、一人も友だちがいないのにやってくることができました」

 

「それって、褒められることなの?」

 

大学で学ぶことのもう一つの目的は友だち作りと思っていた私には、なかなか理解できないことだけど、なんであれ4年間で卒業できたのだから、それはすばらしい❗

 

 

次男も頑張ったけど、4人の子どもたちがそれぞれ結婚、就職。

 

それを長きに渡って支え続けたパパ。

 

長い子育てが終了。

 

パパもお疲れさまでした。

 

最後に

 

祝卒業の文字の下に書いてあったことを書こう。

 

「若き日に汝の希望を星につなげ」

 

余談ですが、夫も次男と同じ大学を卒業。

 

若き日に希望を星につなげました(^O^☆♪