夕飯のお誘い

数日前の夜、ケントから電話がかかってきた。

「おふくろ、飯、付き合ってくんない?ゴチするからさ」

だいたいこういう電話がかかってくるのは私が夕飯を食べた後、8時とか9時。

焼き肉だと言うので、ケントが注文した肉を私がチマチマ焼いていればいいのでオッケーした。

というか、そういうお誘いを断ったことはない。

せっかく、ご飯を一緒に食べようと言ってくれているのだから、断らない。

 

なんかずっと昔のことを思い出した。

ケントが中学生くらいの時、夜遅い時間なのに「おふくろ、ゲームやろうぜ」と私を誘った。

ゲームは嫌いだし、できないし、眠いし、疲れているし、断る理由はいっぱいあったけど、私はいつもケントに付き合っていた。

 

だから、ケントは知っている。

なんだかんだ言って、私が付き合うことを……

 

自分で幸せになる

 

 

 

 

 

 

お店は、私があまり行ったことがない炭火焼きの焼肉屋さん。

七輪で肉やしいたけを焼きながらポツポツ話した。

 

ケントは多分ちゃんと手を洗っていたと思う。

でも、爪の間が黒く汚れていて、ちょっと傷があって、なんか「今日も一日しっかり働きました」って、書いてあるような手だった。

それを見て、なんか眩しい感じがした。

家族のためにしっかり働いているんだなぁって……

 

11歳になった娘が夜更かしをするのをどうするか話してくれた。

どうやらポイント制らしいが、苦戦している模様。

25歳にして、いきなり11歳の子のパパになるケント。

参観日には彼女と一緒に学校に行くらしい。

自分はあまり学校に行かなかったのにね。

 

数年前には、そういうこと、想像もしていなかった。

 

娘も同じ。

 

今は、海外に暮らしていながら、毎月日本に来て、毎月のように海外旅行。

大切にされて、優雅に幸せに暮らしている。

 

長女も長男も、私の乏しい想像力を遥かに超えた幸せを手にしている。

 

なーんも心配することはない。

子どもは自分の幸せのために、道を切り拓いて行く力をもっている。

そして、困難があってもそれを乗り越えて行く。

近くで信じて見ていてくれる人がいれば……

 

そういう日が来ることを楽しみに待っていればいい(^^♪

 

講演、相談会、個別相談、執筆賜ります。
(発達障害、子育て、自立に向けて、不登校、引きこもり…)

kurasuhinto@gmail.com

講演会のご案内