好きなことをする時間

3番目の子ども、次男は超がつく多動だった。

その当時、2歳くらいの時は、ADHDだということは、わからなかったけど……

そんなわけで、子どもはそんなもんなんだと思いつつ、なんとかやっていた。

もちろん自分の時間をもつことは難しかった。

子どもたちが寝てしまえば、自分の時間は作れるのだが、子どもを寝かしつけながら、こときれることが常だった。

そんな時、友だちが遊びにおいでよと自宅に招いてくれた。

次男は多動に加え、いたずらっ子。

家でもかなり被害にあっていた。

だから、他の方のお宅に伺うことは気が引けた。

それでも「ちゃんと対策をしておくからおいでよ」と言ってくれた。

行ってみると、次男がいたずらしそうな危ないものは全てしまい、おもちゃだけ出しておいてくれた。

そして、彼女がやっていた「木目込みパッチワーク」を見せてくれた。

アイスピックみたいなもので、布をチクチク溝に沿って入れ込んで行くと花や動物などがパッチワークのように出来上がる。

針を出す必要がなく、誰でも上手にできる。

彼女は「ここで一緒にやろう」と誘ってくれたので、一つ簡単なものを注文した。

出来上がった時は本当に嬉しかった。

次男も広いスペースで、楽しそうに遊んでいた。

今思い出しても心が踊る楽しい時間だった。

自分の好きなことをする時間をもつことがすごく大事だと感じた。

なんか頭がスッキリする。

リフレッシュする。

そうすると余裕ができて、子どもにも優しく接することができる。

それから、私はそういう時間をなんとか作るようにした。

その時に作った作品の一つがこれ。

 

img_20161209_072230

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスに、これを出すたびに私はその当時のことを思い出す。

話は元に戻るけど、その友人のご主人は家に帰ると、次男が来たことがわかるそうだ。

次男が帰った後は、部屋をいつも通りにしておくのに、なんでわかるのか聞いたら、テレビに小さい手形がいっぱい残っているのだそうだ。

あの頃から次男は自分の足あと(今は、爪痕って言ってるけど)をどこかに残していた(^_^;)

 

楽しんでいる姿を見せようよ

その後、私はトールペイントやパステル画、プリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワー……

色々なことをするようになった。

 

img_20161209_085542

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうことをしているときはホントに楽しい。

作品が出来上がる達成感もある。

自分が元気でいるために必要な時間だと思っている。

 

子どもたちも、私が楽しそうに作品を作るところや、出来上がったものを満足げに見ている姿を見ている。

以前、ケントが講演の時に言った「お母さんが楽しんでいるところを見せようよ。幸せでいようよ」

それは子どものためにも自分のためにも大切なことだと思う。

自分だけの時間をもてなくても、子どもと一緒に楽しむこともできる。

 

楽しいことをする時間は、元気でいるために、大事なこと\(^o^)/

 

※気に入った記事がありましたら、シェアをお願い致します。
シェアではなく転載の場合、あるいは一部引用であっても引用元である「ぎふてっど.com」の記載をお願い致します。

 

堀内祐子の相談会を開催します。

相談会の内容は「複数での相談会」と「電話相談」「お一人のみでの相談」などがあります。

詳細は下記のリンクから見ることができますのでよろしければお申し込みお待ちしております♪

管理・運営 井部昇平

堀内祐子の申し込みフォーム

 

☆お知らせ☆

管理・運営を担当しています。井部です。

今回、講演の中で「学校の方へ訪問してほしい」「少人数で堀内さんとディスカッションをするような形でお話しをしたい」「マンツーマンでお話しをしたい」といったご要望を頂きました。現在、堀内とは今後どのような形で皆様に支援できるか共に検討をしています。

もしよろしければご要望をお聞きたいと考えています。「このような形でのサービスがあれば参加したい!」というような意見がありましたら下記のアドレスにご連絡を頂けたら幸いです。

お待ちしております。

 

rise.flat.6961@gmail.com

井部昇平