トランプ

と、言ってもアメリカの大統領ではない。

 

ゲームのトランプ。

 

元旦はケントの家族がわが家にやって来て、お節を食べた後、トランプをした。

 

どんなトランプをするか、ルールについてなど、説明は全て次男がしていた。

 

次男は1ヶ月か2ヶ月に一回友人宅のパーティでボードゲームやトランプを楽しむ。

 

もうなんとも健全な感じですごく良い。

 

毎回みんなで楽しむらしい。

 

そんなわけで、どういうトランプが楽しいか、みんなが喜ぶかよく知っている。

 

次男は、丁寧にみんなが分かるように説明する。

 

小学校6年生の孫ちゃんも含めて、わいわい楽しくトランプをやった。

 

孫ちゃんの観察力や分析力はなかなかのもので、正直私なんかよりよっぽどうまかった。

 

点数をつけたのだが、孫ちゃんが1位に輝いた。

 

ちなみに、私はビリ(≧∇≦)

 

商品はハーゲンダッツ。

 

 

みんなの分、買ってあったのだけど、1位の人から好きなものを選ぶ。

 

 

たくさん笑って、本当に楽しい元旦を過ごした。

 

 

笑いに変える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話は変わるが、今日友人と話していたときに「楽しむ」って話になった。

 

わが家の悲惨と思われる事件は、結局なんだか笑いに変わってる。

 

そのときはけっこう大変なんです。

 

でも振り返って話すと、どうしても笑い話になっちゃう。

 

「発達障害についての講演だから、なんか暗い感じなのかと思って来たら、なんだかたくさん笑って、楽しかった」みたいなことをよく言われる。

 

講演をするようになる前から、友だちに「堀内の話はよーく聞くとすごく悲惨なのに、なんだか笑っちゃうんだよね」とよく言われた。

 

だから、いつももっと話を聞きたくなるらしかった。

 

そして「次回が楽しみ」とか言われていた。

 

 

この「楽しむ」っていうのは、私にとって自然なことで、大切なこと。

 

まぁ「家族でトランプ」なんていうのは本当に楽しめる。

 

でも生きていれば、大変なことは山のようにあって、その一つ一つを楽しむか、ただただ苦しむかで大きな差が出て来ると思う。

 

もちろん、笑えないくらい苦しいときもあるのは事実。

 

それでもその中にちょっと嬉しいことも、おもしろいこともある。

 

ケントを育てるのは大変だったけど、それでもその中にすごく嬉しいことも、すごくおもしろいこともいっぱいあった。

 

 

人生が終わるとき「あー 楽しかった❗️」って終わるか「辛い人生だった」って終わるか自分次第。

 

 

さぁ 今年も楽しんで行きましょう\(^o^)/