お金、貸しちゃいます

相変わらず仕事を頑張っている三男。

しかし、衝動強いから直ぐに人にお金を貸しちゃう。

人にお金を貸そうが貸すまいが自分のお金だから、「いいでしょ」ってことだけどそれが「いいでしょ」って言ってられない。

三男はかっこよく友だちにお金を貸した後、必ず自分のやり繰りができなくなって親から借りる。

それって、めっちゃカッコ悪いと思うんですけど……

というよりつまり、私が三男の友だちにお金貸しているようなものでしょって思う。

そして貸したお金はなかなか戻ってこない。

おまけに工具をよく盗まれる。

そして、この間みたいにお財布をなくす。

どうしたって慢性的にお金がない。

あんなに休まず、一生懸命働いているのになって思う。

お金、貸して

話は戻るけど結局、毎朝「おふくろ、2000円でいいから貸して、じゃー1500円で頑張る。どうしても1000円は貸して……」なんてやり取りを朝の5時半にやっている。

その日、夫がいてそのやり取りを聞いていた。

そして、おもむろに財布から5000円札を取り出して「小遣いだ、持って行け」

薄暗いので三男は一応お札の種類を確認し、ニッコリ笑って「ありがとう」と出かけた。

三男が出かけた後、夫は「三男、かわいくてしょーがねぇ」と言う。

だいたい、うちには小遣いは存在しなかった。

働かなくてはお金は得られないと教え、働いた分の報酬としてお給料といういい方をしていた。

しかし、夫は以前からこっそり「小遣いな」と言ってたまに渡していたようだ。

正義だけじゃ、曲がっちゃいます

私は講演の時によく「正義と憐れみ」の話をする。

正義はまっとうされなくてはならないけど、憐れみも必要だと……

わが家の正義担当は私

憐れみ担当は夫

夫はちょっとずるい感じもするけど、それでわが家はバランスが取れている。

正義だけを要求すると、子どもも辛い。

そこに憐れみがあると、ちょっとほっとして頑張ろうって思ったりする。

その辺のところは夫はうまいと思う。

まー「かわいくてしょーがねぇ」発言からするとけっこうな甘やかしって感じもするのだけど、夫は「あんなに頑張っるんだからいいじゃないか」と言う。

腐らずに、一生懸命働いている三男を見ると夫の「甘々」が助けになっているように思う。

どっちにしても、緩みは必要。

ピーンと張り過ぎていると切れちゃいますね(^_^.)

 

 

【ご協力して頂くと嬉しいです!】

下記に私のfacebookがありますので、私のコラムをfacebookページにシェアしているので気に入ったらそれに「いいね」をつけて頂きたいと考えています。多くの方に広めたいと願っていますのでよろしくお願いします♪

 

企業用としてfacebookを開設しました!こちらに「いいね」をしていれば情報をすぐに知ることができます。ぜひ「いいね」をして頂けたら幸いです。
こちらからとべます↓↓
堀内祐子のfacebook

 

Twitterもしていますのでこちらもよろしくお願いします♪

堀内祐子のTwitter

 

読者の皆様もライターになれるチャンスがあります!

もし、当サイトで世の中に伝えたい事があります!という方はぜひ当サイトに掲載して執筆をしませんか?

詳細は下記のページから確認をして下さい!

当サイトに執筆するための詳細

 

 

イベントを追加しました。10月に講演をやります!

よかったらご覧下さい☆彡↓↓

イベント

堀内祐子のカウンセリング

ご相談料金

・電話(かけ直しますので、電話代はかかりません)
1時間4000円それ以降30分1000円

・対面
1時間8000円それ以降30分1000円

交通費は別途かかります。

お申込みはこちらでお願いします。
kurasuhinto@gmail.com

講演や研修も賜ります

講演や研修も賜ります。費用は要相談です。