先生を見ない

家では几帳面に明日の準備を整える子だったが、学校ではかなり強烈な子だった。

どうやら先生が嫌いだったようで、先生を見ない。

つまり、前を向かない。

どうしていたのかというと、ずっと外を見ていた。

そのことを母に言われて、薄っすらと覚えている。

それまでも可愛げのない言動は多々あったが、またしても、かなりのことをやっていた。

入学して、1学期はそんなふうだったようだ。

そういう娘を母は、どう思っていたのか聞いてみると、母は私が、かなり気の強い子だと知っていたので、「あらら……」とは思ったらしいが、それをやめなさいとは言わなかったらしい。

だいたい、言ったところで、聞く子ではないと分かっていたのだろう。

自己肯定感を潰す授業

この辺から記憶は割りとはっきりしてきた。

私は、図工や音楽が特にダメだった。

ちなみに、図工は好きだったのに、上手にはできなかった。

絵はグチャグチャの絵の延長線上だったし、形を作るものは特にひどかった。

あまりにもひどくて、皆の前で「紙を何枚も使って、こんなうさぎ小屋みたいのしか作れないのか!」って大きい声で先生に言われて、すごく恥ずかしかったのを覚えている。

「だって、できないんだもーん」って心の中で思った。

音楽も同様で、歌も楽器も両方ダメだった。

歌は全員前に立たされて、上手に歌えた人から席に戻る。

もちろん、先生が「戻って良し」と言う。

そして、最後の方まで私は立たされたままだった。

もちろん、さらし者だった。

今思うと、自己肯定感を潰すようなことばかりをされていたわけだ。

よく、そんなんで学校に行っていたなと思うが、その当時は、学校に行かない選択があるなどど知らなかった。

なので、そんな学校に、私はせっせと通っていた。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-6

執拗な尋問

これは私のことではなく、弟のことだが、今も鮮明に覚えている。

弟の仲の良い友だちが、趣味で集めた(親からもらった)古銭を学校へ持って行った。

ところが帰るときに、その古銭がなくなっていた。

それで、疑われたのが、弟だった。

弟は取っていないので、「取っていません」と答えたけど、先生は納得せず、尋問は続いた。

それを毎日やったのだ。

とにかく弟は取っていないので、それを言うしかないのだが、先生は、はなっから弟だと思い込んでいるので、あの手この手で弟に「自分が取りました」と言わせようとした。

弟は放課後、遊ぶこともできず、先生の執拗な尋問を毎日受けていた。

それを知った私は、「先生に文句を言ってやる」と言った。

「先生だったら、何をやってもいいのか!」

さすがにそれは母に止められた。

正義感の塊みたいな私は、怒りと悔しさだけが残った。

それにしても、先生は本当にひどいことをしている。

幸い、弟は私と違って、おっとり、穏やかな子だったので、そんなに気にしているふうではなかった。

ただ「ぼくが取ったんじゃないのになぁ。だけど、先生は本当に一生懸命なんだ」と言っていた。

それにしても、ひどい話だと今でも思う。

強い正義感の故に、私はその他にも色々なことをしでかした。

母も大変だったと思うが、どんな時も「あなたは間違っていない」と言ってくれた。

そういうことで、母に否定されたことは一度もない。

インフルエンザの予防接種

ついでに書くと、これは本人は悪くないのだが、インフルエンザの予防接種を受けたら、私は、ご飯も食べられなくなり、グッタリして、起き上がると「気持ち悪い」と言って、しばらくの間、寝たきりになった。

あまりの恐ろしさに、母は学校に言って、その後、インフルエンザの予防接種は受けさせなかったと言っていた。

このことを母から聞いていたので、私も子どもたちに、インフルエンザの予防接種は受けさせたことはない。

母は、その時に、このまま私が2度と起き上がれないのではないかと恐怖たったと言っていた。

インフルエンザのワクチン、中身は何なのでしょうねぇ……

 

【ご協力して頂くと嬉しいです!】

下記に私のfacebookがありますので、私のコラムをfacebookページにシェアしているので気に入ったらそれに「いいね」をつけて頂きたいと考えています。多くの方に広めたいと願っていますのでよろしくお願いします♪

 

企業用としてfacebookを開設しました!こちらに「いいね」をしていれば情報をすぐに知ることができます。ぜひ「いいね」をして頂けたら幸いです。
こちらからとべます↓↓
堀内祐子のfacebook

 

読者の皆様もライターになれるチャンスがあります!

もし、当サイトで世の中に伝えたい事があります!という方はぜひ当サイトに掲載して執筆をしませんか?

詳細は下記のページから確認をして下さい!

当サイトに執筆するための詳細

 

 

イベントを追加しました。10月に講演をやります!

よかったらご覧下さい☆彡↓↓

イベント

堀内祐子のカウンセリング

ご相談料金

・電話(かけ直しますので、電話代はかかりません)
1時間4000円それ以降30分1000円

・対面
1時間8000円それ以降30分1000円

交通費は別途かかります。

お申込みはこちらでお願いします。
kurasuhinto@gmail.com

講演や研修も賜ります

講演や研修も賜ります。費用は要相談です。