母の反応

今回のことで父の反応はだいたい想像がついていたけど、母の反応にはショックを受けた。

 

孫が「結婚する」って言っているのに「大変なことになっちゃったね」という反応。

 

母は優しい人だから、ケントがいきなり11歳の子のお父さんになるってところが「大変なことになっちゃったね」だったのだと思う。

 

ケントはこれからどうするのだろう?

 

苦労をするんじゃないか?

 

そういう思いが頭の中をグルグルして眠れなくなったのだろう。

 

冷静に考えれば分かる。

 

でも、私の感情が、
大好きな母がケントの結婚を喜んでいない。

 

そこに思いっきり反応してしまった。

 

その悲しみとショックで、母が傷つくであろうことは分かっていて口走った。

 

 

そして、

 

私がその後、のこのこと実家に行けば、また父に怒鳴られる。

 

これも経験上、分かっていた。

 

だから、私は「もう父には会いに行かない」と母に言った。

 

母も私が実家に行けばどうなるか分かっているので、それについては何も言わなかった。

 

 

ケントが子どもが生まれた報告をするためにバーバに電話をしたときも母は「良かったね」と言ったものの、カラオケをしているからと早々に電話を切ったらしい。

 

その後も「母の日のブレゼントが届いたからありがとう」と電話があったものの「ケンちゃんのところ、赤ちゃん生まれたんだってね」なんてことは一言も言わずに、母はさっさと電話を切った。

 

その反応に、私は母の意思を感じ取った。

 

母は、なんであろうと父の気持ちに寄り添って生きて行く。

 

子どもより、孫より、伴侶を大切にする。

 

それは、皮肉でなく

 

正しい選択だと思う。

 

母は優しくて、賢い人だ。

 

私は母の選択を尊重しようと思う。

 

いきなりハグ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話がケントのことに戻る。

 

結局、その日ケントと3時間くらい話した。

 

うちに寄ると言うので一緒に帰って来た。

 

帰り際に「おふくろ、ハグ。
オレからハグするのは10年に1回だぞ」と言ってハグしてくれた。

 

背中をトントンたたきながら「愛してるよ」と言ってくれた。

 

25歳の息子にハグしてもらって「愛してるよ」と言ってもらっているのだから、幸せなことだ。

 

そして、何よりケントは幸せなのだ。

 

なんだか、それで十分だ。

 

今回のことがなければ、ケントと3時間も二人で話すこともなかったと思うし、ハグもなかったと思う。

 

よく分からないけど、

 

良かった(* *).。.:*

 

 

講演、相談会、個別相談、執筆賜ります。
(発達障害、子育て、自立に向けて、不登校、引きこもり…)

kurasuhinto@gmail.com

講演会のご案内